メインメニューを開く

加西市立図書館(かさいしりつとしょかん)は兵庫県加西市北条町北条28-1にある、市立図書館である。

Japanese Map symbol (Library) w.svg 加西市立図書館
加西市立図書館
施設情報
専門分野 総合
事業主体 加西市
管理運営 加西市
開館

1970年4月1日

2003年3月27日(現在地へ移転)
所在地 675-2312
兵庫県加西市北条町北条28-1 (アスティアかさい内)
位置 北緯34度55分47.8秒 東経134度49分58.2秒 / 北緯34.929944度 東経134.832833度 / 34.929944; 134.832833
ISIL JP-1002361
統計情報
蔵書数 163,176(図書 143,970、 雑誌 10,015、 AV 9,192)(2012年度末時点)
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

目次

概要編集

当図書館は、北条町駅前に平成15年(2003年)3月27日にオープンした市街地再開発ビル「アスティアかさい」の3階と4階(面積3,292平方メートル)を館施設としている。同フロアには加西市が運営する多目的ホールねひめホール」があり、当施設と機能を補完し合う関係にある。昭和45年4月、北条町北条にあった当時の中央公民館(旧北条町立北条中学校校舎=市立北条中学校の前身)に併設して開館。昭和55年6月に北条町古坂1丁目に独立した館として新築移転。平成15年3月に現在地に移転した。

図書館の特徴は、平成13年(2001年)に策定された加西市の長期総合計画「第4次加西市総合計画」の基本目標『花と歴史と愛のまち・かさい』を"図書館づくり"のテーマとしていること。インテリアは木製家具やフローリングの床など木を多く使用し、トップライトからは自然光を取り入れ、さらに展望図書コーナーや屋外テラスを設けている。蔵書においては、園芸ガーデニング関係の本の収集が活発である。また館内には加西市出身の絵本作家永田萠の作品(レプリカ)を多数展示している。ほか、映画上映会やコンサート開催など主催事業の充実が挙げられる。平成27年11月1日から播磨圏域連携中枢都市圏の7市8町にある図書館で相互利用が出来るようになった[1][2][3][4][5][6][7]。この圏域在住者で利用には別途、利用券が必要。

施設編集

4階
展望読書コーナー、吹き抜け空間、グループ室・自習室、グループ室・一般書コーナー、テーマ図書コーナー、特集コーナー、文芸書コーナー、ヤング向けコーナー、レファレンスコーナー、全集・大型本コーナー
3階
展示架、絵本のコーナー、児童書のコーナー、おはなしのへや、上足コーナーパーゴラ、対話室、パソコンコーナー、ビデオ鑑賞コーナー、CDリスニングコーナー、くつろぎのスペース、新聞コーナー、雑誌コーナー
1階
返却ポスト

運営状況編集

  • 開館日数 - 全日開館
  • 開館時間 - 10 時から18時
  • 休館日 - 館内整理日(毎月末日)、年末年始(12 月28 日~1 月4 日)、特別整理期間(2 月19 日~28 日)

交通アクセス編集

周辺編集

脚注編集

  1. ^ 図書室の利用案内
  2. ^ 播磨連携中枢都市圏:36図書館、334万冊体制へ 圏域7市8町で住民、来月から相互利用可 /兵庫 Archived 2015年11月3日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 播磨7市8町で図書館の相互利用可能に 11月から
  4. ^ 図書館相互利用が始まります(播磨圏域連携中枢都市圏7市8町)
  5. ^ 兵庫県の姫路市ほか14市町(播磨圏域連携中枢都市圏7市8町)の36図書館による図書館相互利用が11月1日から開始
  6. ^ 7市8町の図書館相互利用が始まります
  7. ^ 相生市立図書館・加古川市立中央図書館・加古川図書館・加古川ウェルネス図書館・加古川海洋文化センター図書室・高砂市立図書館・加西市立図書館・宍粟市立図書館と、ちくさ図書館及び各図書室・たつの市立龍野図書館・たつの市立新宮図書館・たつの市立揖保川図書館・たつの市立御津図書館・姫路市立図書館および各分館・稲美町立図書館・播磨町立図書館・いちかわ図書館・福崎町立図書館・神河町立中央公民館図書室・神河町立神崎公民館図書室・太子町立図書館・上郡町立図書館・佐用町立図書館が対象となっている。


外部リンク編集