メインメニューを開く

勅使川原 和彦(てしがはら かずひこ、1968年2月 - )は、東京都出身の法学者。 専門は民事訴訟法、国際民事訴訟法。早稲田大学 法学学術院教授、博士(法学・早稲田大学)。東京都生まれ。

略歴編集

  • 1986年 開成高等学校卒業
  • 1991年 早稲田大学法学部卒業
  • 1993年 早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了、同年 早稲田大学法学部助手、
  • 1996年 早稲田大学法学部専任講師、
  • 1998年 同助教授(2001〜2003年 ミュンヘン大学客員研究員)
  • 2005年 同教授
  • 2007年 早稲田大学 大学院法務研究科教授に所属変更
  • 2009年 新司法試験考査委員(〜2010)
  • 2011年 新司法試験予備試験考査委員
  • 2012年 司法試験(予備試験)考査委員(〜2014)
  • 2015年 法務省検察官特別任用審査会試験委員(〜現在まで)
  • 2016年 法科大学院到達度確認試験試行試験 民訴法主査
  • 2016年 法制審議会民事執行法部会幹事(〜2018)、第二東京弁護士会綱紀委員(〜現在まで)
  • 2018年 早稲田大学法学学術院(法学部・大学院法学研究科)教授に本属変更(現職)

主要著書編集

  • 『読解民事訴訟法』(有斐閣、2015)
  • 『民事訴訟法理論と「時間」的価値』(成文堂、2009)
  • (共著)『民事訴訟法 Visual Materials』(有斐閣、2010)
  • (共著)『プリメール民事訴訟法』(法律文化社、2010)

所属学会編集

  • 日本民事訴訟法学会(2004-2007理事、2010-2013事務局担当理事、2016-2019大会担当理事)
  • 仲裁ADR法学会(2010-2013理事、2016-2019 理事、2019- 会計担当理事)

外部リンク編集