メインメニューを開く

勅使河原 霞(てしがはら かすみ、1932年10月20日 - 1980年8月6日)は、華道家、草月流二代目家元。 勅使河原蒼風の長女として東京に生まれる。勅使河原宏の妹。1953年草月流師範として教室を開く。絵画や彫刻、装幀などでも活躍。1979年2代家元を継ぐが、脳腫瘍のため翌年死去した[1]。享年47。

何事にも完璧主義だが他人には人一倍気を遣い、持ち前の美貌もあって人望溢れる大変魅力的な人柄だったという。

著書編集

  • 『草月の小品花 いけばなグラフィック』主婦の友社 1964
  • 『花春秋』読売新聞社 1965
  • 『草月の四季』主婦の友社 1974
  • 『小さないけばな 夏/冬』婦人画報社 1980

共著編集

  • 『草月の家庭生花』勅使河原蒼風共著 主婦の友社 いけばな双書 1957
  • 『Ikebana with Roses』Norman Sparnon 主婦の友社 c1972
  • 『草月流』勅使河原蒼風共著 小学館 オールカラーいけばな全書 1974

装幀編集

など

関連書籍編集

編集

外部リンク編集