北九州市立年長者研修大学校

北九州市立年長者研修大学校(きたきゅうしゅうしりつねんちょうしゃけんしゅうだいがっこう)とは、北九州市にある高齢者を対象とした研修施設である。

概要編集

高齢者の為の生涯学習や心と体の健康づくりの拠点であると共に、地域活動のリーダーを養成している。また生涯現役を応援する為に、40代や50代への研修を行っている。

  • 周望学舎

小倉市の送水の拠点があった「水道山」と呼ばれる高台にある。この展望と、年長者が視野も大きく広く持てるようにという思いを込めて「周望学舎」と命名された。

  • 穴生学舎

高齢者の学習ニーズが高まり、内容も多様化した為に「周望学舎」に続く新たな拠点として八幡西区に設置された。

  • 穴生ドーム

高齢者をはじめとした市民の健康作りや交流、スポーツ振興の拠点として建設された。北九州市で初めてのドーム式グラウンドで、大空を飛ぶパラグライダーをイメージして作られている。

沿革編集

  • 1979年(昭和54年) 「周望学舎」が開校。当初は一般コースのみであった。
  • 1980年(昭和55年) 「年長者ボランティア銀行が開設される。校章・校歌が決定される。
  • 1988年(昭和63年) 「おばあちゃん大学」が開講する。
  • 1990年(平成2年) 50代を対象とした「実年学講座」が開講する。
  • 1992年(平成4年) 同窓会が発足する。
  • 1994年(平成6年) 姉妹校である「穴生学舎」、体育施設「穴生ドーム」が完成する。
  • 1999年(平成11年) 40~50代に対する老後準備講座「ワン・ツウ・ジャンプ」が開講する。
  • 2002年(平成14年) 別館が竣工
  • 2003年(平成15年) 「シニアカレッジ」(後述)が開講する。
  • 2006年(平成18年) 市指定管理者制度が導入される。
     

                高齢者の地域活動活性化を目的に「まちづくり活動者セミナー」が開講する。
                「周望学舎おばあちゃん大学」を男女共学とし、「ふれあい大学」として両学舎で開講する。
                短期講座が増設される。

教育課程編集

  • 一般コース

地域づくり、健康スポーツ、暮らしと環境等のコースがある。

  • 実技コース

写真、絵画、英会話等のコースがある。

  • 短期コース

大学の講座を受けられる「シニアカレッジ」とパソコン講座がある。

所在地編集

  • 周望学舎

北九州市小倉北区新高田2丁目29-1

  • 穴生学舎

北九州市八幡西区鉄竜1丁目5-1

  • 穴生ドーム

八幡西区鉄竜1丁目5番2号

参考文献編集

外部リンク編集