メインメニューを開く

北心斎 春山(ほくしんさい しゅんざん、生没年不詳)とは、江戸時代大坂浮世絵師

来歴編集

春好斎北洲の門人。大坂の人で北心斎、春山と号す。作画期は文政10年(1827年)から文政12年にかけてで、役者絵を残している。

作品編集

  • 左竹新十郎・中村芝翫」 大判錦絵 池田文庫所蔵 ※「山吹を 見るにみまねの 菜種咲く 二代め芝翫書」の句あり。文政10年正月、大坂角の芝居『けいせい遊山桜』より
  • 「奴妻平・中村歌右衛門」 大判錦絵 ※文政12年正月、角の芝居『花雪歌清水』より

参考文献編集

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 『上方役者絵集成』(第2巻) 財団法人阪急学園池田文庫、1998年