北条兼時 (伊具流)

鎌倉時代中期の人物。伊具流北条氏の一門

北条 兼時(ほうじょう かねとき)は、鎌倉時代中期の北条氏の一門。

 
北条兼時
時代 鎌倉時代中期
生誕 不詳[1]
死没 弘長3年6月13日[1]1263年7月19日
別名 駿河四郎[1]
幕府 鎌倉幕府
主君 宗尊親王
氏族 伊具流北条氏
父母 父:北条有時、母:不詳
兄弟 時基兼時有泰時景通時有義有秀時秀兼義国時時盛政有宗兼頼任、女子(江間越後四郎室)、田中殿、阿野殿、福頼、面乙御前、戸守、女子(北条高時室)、女子(堀口家貞室)、女子(北条時幸室)
時澄宗兼
テンプレートを表示

生涯編集

父は鎌倉幕府第2代執権北条義時の子で第3代執権・北条泰時の弟にあたる北条有時[1]

建長4年(1252年)4月14日、将軍・宗尊親王の鶴岳参詣の随兵を務めて以来、親王に仕えて同様の所役を果たした[1]。弘長3年(1263年)6月13日に死去[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 安田元久 編 『鎌倉・室町人名事典』(コンパクト)新人物往来社、1990年、536頁。