北条家時

鎌倉時代末期の北条氏一門

北条 家時(ほうじょう いえとき、応長2年/正和元年(1312年) - 正慶2年/元弘3年5月22日1333年7月4日[1])は、鎌倉時代末期の北条氏の一門。大仏流北条氏最後の当主。大仏 家時(おさらぎ いえとき)とも。

 
北条家時 / 大仏家時
時代 鎌倉時代末期
生誕 応長2年/正和元年(1312年
死没 正慶2年/元弘3年5月22日1333年7月4日
別名 陸奥右馬助[1]
官位 右馬助[1]
幕府 鎌倉幕府
主君 将軍守邦親王
得宗北条高時
氏族 北条氏大仏流
父母 父:北条維貞、母:不詳
兄弟 高宣家時貞宗高直
テンプレートを表示

大仏流北条維貞の次男。北条高宣の弟で、北条貞宗北条高直の兄にあたる。通称は陸奥右馬助[1]

生涯編集

嘉暦2年9月7日1327年9月22日)に維貞が死去し、跡を継いだ兄・高宣もその翌年の嘉暦3年(1328年)4月に亡くなった[1]ので、幼少にしてその跡を継いだ。

元徳元年(1329年11月11日評定衆となる。

その後、後醍醐天皇らの討幕運動(元弘の乱)が起こると、二人の弟とともに家時自らが大将の一人として幕府軍を率い、河内金剛山千早城に立て籠もっていた楠木正成を攻めていた(千早城の戦い[2][3][4]

だが、足利高氏 (のちの尊氏)の離反や六波羅探題の滅亡もあって軍は四散。家時は奈良に逃れた貞宗や高直[5]とは分かれて鎌倉へ赴いたが、正慶2年/元弘3年(1333年)5月22日に新田義貞に攻められて、得宗家当主の北条高時らとともに自害した(東勝寺合戦)。享年22。

弟の貞宗と高直は、兄・家時らの死を知ると、6月5日には出家して縁戚関係にあった足利高氏[6]に降伏[5]。しかし、建武元年(1334年3月9日に北条家の残党らによる鎌倉侵攻事件などがあったこともあり、高氏の助命嘆願も叶わず7月9日に両者とも処刑され[5]、大仏流北条氏はここに断絶した。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 黒板勝美; 国史大系編修会編 『尊卑分脉 第四篇』 吉川弘文館〈新訂増補国史大系〉、2001年、22頁。 
  2. ^ 千野原靖方『千葉氏 鎌倉・南北朝編』崙書房、1995年、251頁。
  3. ^ 高石市史編纂会編 『高石市史』 2巻、1986年、552頁https://books.google.co.jp/books?id=u94NAAAAMAAJ&q=%E5%A4%A7%E4%BB%8F%E5%AE%B6%E6%99%82%E3%80%80%E5%8F%B3%E9%A6%AC%E5%8A%A9&dq=%E5%A4%A7%E4%BB%8F%E5%AE%B6%E6%99%82%E3%80%80%E5%8F%B3%E9%A6%AC%E5%8A%A9&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiNwq6R8O_UAhXBULwKHWLHDM8Q6AEIOjAF 
  4. ^ 「関東大勢上洛事」『太平記』巻六
  5. ^ a b c 奥富敬之 「北条高直」、安田元久編 『鎌倉・室町人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年、542頁。 
  6. ^ 維貞の外祖父(母方の祖父)、高氏の父・貞氏の外祖父がともに北条時茂であり、高氏と家時兄弟ははとこの関係にあった。
先代:
北条高宣
時房流北条氏第6代
大仏流6代
次代:
(断絶)