メインメニューを開く

北条 氏舜(ほうじょう うじとし/うじきよ、? - 天正9年(1581年2月24日[1]?)は、戦国時代武将北条氏繁の長男。母は北条氏康の娘・七曲殿とされている。官途名は左衛門大夫。

目次

概要編集

父・氏繁が病気の中、天正5年(1577年)に主君の北条氏政とともに出陣し[2]鬼怒川にて佐竹義重宇都宮広綱那須資晴と合戦を行っている。天正8年(1580年)8月までは武蔵岩付城代を務め、当主氏政の子北条氏房が岩付城主となると、玉縄城主となる。玉縄城主になると早速相模国東郡でのしかけなどで鳥を射たり、取ったりすることを法度として禁じている。これは玉縄北条家鎌倉時代以来の行事である放生会の伝統を受け継ぐことを、支配地域に示したものと考えられている。なお、この法度を出した後、後北条氏の史料から氏舜の名前が全く見られなくなる。

従来から不明な点が多く、近年ようやく氏繁の死後に家督を継いだことが分かったほどで(それまでは、氏繁死後に家督を継いだのは弟の氏勝だとされてきた)、確認後も文書の残存率が低く、わずか7通しかない。また、どのように死去したのかもいまだ不明である。

参考文献編集

  • 歴史群像シリーズ14 真説戦国北条五代 早雲と一族、百年の興亡』(1989年、学習研究社) ISBN 405105151X
  • 黒田基樹『戦国 北条一族』(新人物往来社、2005年) ISBN 440403251X
  • 『後北条氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2006年、ISBN 4490106963

小説編集

脚注編集

  1. ^ 高野山石碑より。弟の氏勝が左衛門大夫を襲名したのが天正11年(1583年)5月頃からとされるので、最後の発給文書である1580年から病に臥し、1581年に死去したと思われる
  2. ^ この時点で歴代玉縄城主の官途である「左衛門大夫」を名乗り、氏繁は常陸守を名乗っているので、既に家督を継承していたと推測される。