北条氏 (宗政流)

北条氏の一族

宗政流北条氏(むねまさりゅうほうじょうし)は鎌倉時代北条氏の一族。得宗家から分家した一族で、始祖は北条宗政の子・北条師時である。

経歴編集

北条宗政は第5代執権北条時頼の子で、第8代執権・北条時宗の同母弟に当たる。兄・時宗の補佐役として枢機に参政したが、弘安4年(1281年)8月9日に29歳で死去した[1][2]

宗政の跡を継いだ嫡子の師時は、時宗の猶子となる。また時宗の子で第9代執権となった北条貞時の従兄弟に当たり、兄弟のいない貞時に兄弟同然に扱われて幕政の中枢で重用された。正安3年(1301年)8月22日、貞時が執権職から退いたため、第10代執権に任命され、貞時の嫡子・北条高時が成長するまでの代つなぎとされた[3]が、応長元年(1311年)9月22日に37歳で死去した[3]

師時には時茂と貞規という2人の息子がおり、2人とも引付衆にまで任命されているが早世している。また宗政の子で師時の弟達も何人かいたが、これも僧侶となるか早世したものと思われ、師時の系統は貞規を最後に歴史に登場することは無い。

一族編集

脚注編集

  1. ^ 川添 2001, pp. 245-246.
  2. ^ 安田 1990, p. 555.
  3. ^ a b 安田 1990, p. 556.

参考文献編集

  • 安田元久編 『鎌倉・室町人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年。 
  • 川添昭二『北条時宗』吉川弘文館〈人物叢書〉、2001年。