北条高朝

鎌倉時代末期の武士

北条 高朝(ほうじょう たかとも、生年不詳 - 元弘3年/正慶2年5月22日1333年7月4日))は、鎌倉時代末期の北条氏の一門。大仏流北条高直の末子。治部大夫、式部大夫、陸奥式部大夫。

元弘3年/正慶2年(1333年)に新田義貞が鎌倉に侵攻して来ると、敗れて5月22日に北条一族と共に東勝寺で自害した。

関連項目編集