北海道信用金庫

札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫の合併で発足した信用金庫

北海道信用金庫(ほっかいどうしんようきんこ、英語Hokkaido Shinkin Bank)は、2018年に発足した、北海道札幌市中央区に本店を置く、道内最大の信用金庫である。略称は「しんきん北海道[2]

北海道信用金庫
Hokkaido Shinkin Bank
北海道信用金庫本店
北海道信用金庫本店
種類 信用金庫
略称 しんきん北海道
本店所在地 日本の旗 日本
060-0062
北海道札幌市中央区南2条西3丁目15-1
北緯43度3分29.2秒 東経141度21分11秒 / 北緯43.058111度 東経141.35306度 / 43.058111; 141.35306 (北海道信用金庫本店)座標: 北緯43度3分29.2秒 東経141度21分11秒 / 北緯43.058111度 東経141.35306度 / 43.058111; 141.35306 (北海道信用金庫本店)
設立 1921年大正10年)12月2日
(有限責任山鼻信用組合)
業種 金融業
法人番号 3430005003118
金融機関コード 1001
事業内容 協同組織金融機関
代表者 吉本淳一(会長)
前田繁利(理事長)
西田覚(副理事長)
純資産 3,277百万円
総資産 87,075百万円
従業員数 843人(役職員数)
支店舗数 82店舗
決算期 3月31日
外部リンク http://www.shinkin.co.jp/hokkaido/
特記事項:財務指標は、2015年11月に発表された、2015年3月末時点の3金庫の合算値に依拠する[1]
テンプレートを表示
北海道信用金庫のデータ
英名 Hokkaido Shinkin Bank
統一金融機関コード 1001
法人番号 3430005003118
店舗数 82店舗
貸出金残高 591,422百万円
預金残高 1,031,409百万円
外部リンク http://www.shinkin.co.jp/hokkaido/
テンプレートを表示

目次

概要編集

2018年1月1日に道央圏に本店を置く札幌信用金庫、小樽信用金庫北海信用金庫が合併して発足した[3]

新金庫の名称に関しては、合併趣意書で謳っている『道央圏の核となり、北海道を代表する信用金庫となる』というコンセプトに合致するよう3金庫で協議し[4]、名称を「北海道信用金庫」、略称を「しんきん北海道」と決定した。 統一金融機関コード及び法人番号は札幌信用金庫の1001及び3430005003118を継承している。札幌信用金庫の営業地域は札幌市内及びその周辺地域で、同市が発行する広報誌「広報さっぽろ」の裏表紙に広告を出稿していた。 また、同市からは収納代理金融機関を受託している[5]。さらに石狩市および新篠津村からは指定金融機関を受託している[6]

2016年に新築された札幌信金の本店に合併後の本店・本部を置き、小樽信金・北海信金の本店には事業本部を設置する。また札幌信金会長の吉本淳一が代表理事会長、同理事長の前田繁利が理事長に就任、さらに北海信金理事長の西田覚が代表理事副理事長に、小樽信金理事長の佐林史明が代表理事専務に就く[7]

合併時における88支店・出張所は当初そのまま営業し、合併後に近接店舗の統合を進めていく方針とし、合併時に支店を出張所に変更の上3年以内に7店舗を統合することを発表している[8]

2017年12月18日、北海道財務局より3信金に合併を認可したことが発表された[9]

1999年の札幌信用金庫時代に、北海信用金庫・室蘭信用金庫と合同で「コンサドーレ札幌・しんきん応援団」を結成し、コンサドーレ札幌(当時)を応援する定期預金を発売した。また、「さっしん動物ランド」と名づけられたマスコットキャラクター集団がいた。

沿革編集

存続金庫たる札幌信用金庫時代からの沿革を記述する。

totoの払い戻し店編集

スポーツ振興くじ(toto)当選券の払い戻し店は以下の店舗で取り扱う[18]

  • 本店営業部
  • 大通南支店
  • 中央市場支店
  • 白楊支店
  • 東札幌支店
  • 白石支店
  • 琴似支店二十四軒営業所
  • 手稲支店前田出張所
  • 北野通支店
  • 小樽本店
  • 余市支店

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 三金庫合併の基本合意について(平成27年11月2日) (PDF)2017年1月29日閲覧)
  2. ^ 三金庫合併後の金庫名称について(平成28年11月22日)2017年1月29日閲覧)
  3. ^ “3信金合併の北海道信金、営業開始 道内最大”. 日本経済新聞. (2018年1月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25327260U8A100C1L41000/ 2018年1月4日閲覧。 
  4. ^ “札幌・北海・小樽3信金合併後の名称は『北海道信用金庫』(略称しんきん北海道) ”. 日本経済新聞. (2016年11月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO09837600S6A121C1L41000/ 2016年11月23日閲覧。 
  5. ^ “札幌市指定金融機関・札幌市収納代理金融機関”. 札幌市. http://www.city.sapporo.jp/kaikei/shuno/shiteikin_syunodairi.html 2014年2月22日閲覧。 
  6. ^ “各種事務事業の取扱い(契約・出納関係)” (PDF). 石狩市・厚田村・浜益村合併協議会. (2003年9月26日). http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/gappei/contents/contents07/pdf/kk26_2_10.pdf 2014年2月22日閲覧。 
  7. ^ “来年発足の北海道信金、余市・小樽に事業本部”. 日本経済新聞. (2017年6月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17848360Z10C17A6L41000/ 2017年7月17日閲覧。 
  8. ^ “「北海道信金」7支店廃止へ 3年以内 合併時は出張所に”. 北海道新聞. (2017年11月3日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/142784 2017年11月3日閲覧。 
  9. ^ “札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫(平成30年1月1日)”. 北海道財務局. (2017年12月18日). http://hokkaido.mof.go.jp/syoutori/pagehkhp014000020.html 2017年12月18日閲覧。 
  10. ^ “1日に札幌信金と合併 さよなら「いししん」 惜しむ声、期待… 31-5日はATM休業 江別支店6日から”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2002年12月26日)
  11. ^ “三金庫合併の基本合意について” (プレスリリース), 札幌信用金庫, (2015年11月2日), http://www.shinkin.co.jp/sapporo/sasshin1/topinclude/pdf_news/3kinkogappei.pdf 2015年11月2日閲覧。 
  12. ^ “札幌、小樽、北海 3信金が合併へ 預金量、北海道内最大に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2015年11月2日)
  13. ^ “札幌信金、2信金と合併 道内最大の預金量に”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年11月2日)
  14. ^ “合併:北海道の3信金合意 18年1月、預金量1兆円超え”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年11月2日)
  15. ^ “北海道の3信金が合併合意 18年1月、預金量1兆円超え”. (livedoor news). (2015年11月2日)
  16. ^ “パルコ、札幌・大通に小型商業施設 16年春メド開業”. 日本経済新聞. (2013年12月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO64575250V21C13A2L41000/ 2014年2月22日閲覧。 
  17. ^ “「札幌信金」新本店ビルで営業開始 大通以南の駅前通リニューアル第1弾”. リアルエコノミー. (2016年5月8日). http://hre-net.com/keizai/kinyu/18774/ 2016年5月28日閲覧。 
  18. ^ toto取扱信金店舗一覧”. 2018年1月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集