北海道大学触媒科学研究所

北海道大学の附置研究所
北海道大学 > 北海道大学触媒科学研究所

北海道大学触媒科学研究所(しょくばいかがくけんきゅうじょ、: Institute for Catalysis, ICAT)は、北海道大学の附置研究所で、触媒による化学工業の国内での創出・促進・進歩を目指して設置された研究所である。1943年(昭和18年)に「触媒研究所」として設置された。

2010年度より共同利用・共同研究拠点に指定されている。基礎系8部門・実用化推進系1部門よりなる。

概要編集

世界最古の触媒研究所である[1]。これは堀内寿郎教授の研究功績によるところが大きい[2]。日本の化学工業が欧米に遅れること20年以上の昭和初期であり、多くは欧米からの技術や特許の輸入に頼っていた。東大化学教室、理化学研究所の堀内はドイツイギリスに渡り、帰国後の1935年(昭和10年)北大理学部教授としてマンチェスター大学での研究を発展、北大研究グループを形成するようになる。この研究グループが触媒科学研究所の基盤になると判断され[3]1943年(昭和18年)に「北海道大学触媒研究所」として設置された。

1989年(平成元年)、全国共同利用施設の「触媒化学研究センター」となり、2010年度より共同利用・共同研究拠点「触媒科学研究拠点」となる[4]

組織編集

部門編集

  • 基礎研究系
    • 触媒表面研究部門
    • 触媒理論研究部門
    • 表面分子科学研究部門
    • 物質変換研究部門
    • 触媒材料研究部門
    • 光触媒科学研究部門
    • 分子触媒研究部門
    • 高分子機能科学部門
  • 研究開発部門

附属施設編集

  • ターゲット研究部
    • (拠点型)
      • 触媒研究基盤開発クラスター
    • (展開型)
      • 規整表面ナノ構造研究クラスター
      • プラズモン光触媒反応研究クラスター
      • 界面シミュレーション研究クラスター
      • 酸塩基触媒研究クラスター
      • 機能性合金触媒研究クラスター
  • 附属触媒連携研究センター
    • 光触媒知的財産活用ユニット
    • 産学官連携触媒研究ユニット
    • フリッツ・ハーバー研究ユニット
    • ポーランド連携研究ユニット
    • 統合物質創製化学研究推進ユニット
    • 電子トラップ研究コンソーシアム
  • 研究支援技術部
    • 第一研究機器開発班
    • 第二研究機器開発班
    • 研究機器管理班

連携編集

統合物質創製化学研究推進機構 (IRCCS)編集

2016年(平成28年)6月22日より名古屋大学物質科学国際研究センター(実務校)、京都大学化学研究所附属元素科学国際研究センター、九州大学先導物質化学研究所との4研究所で形成し、融合創発研究を展開している。

「触媒科学計測共同研究拠点」編集

2022年度より、大阪公立大学人工光合成研究センター、産業技術総合研究所触媒化学融合研究センターと共に、文部科学省の連携ネットワーク型共同利用・共同研究拠点「触媒科学計測共同研究拠点」を形成し、本研究所は本拠点の代表となっている。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

参考文献編集

  • 触媒研究所. 一 触媒化学と化学工業. 二 触媒研究所の設置. 三 触媒研究所の概要. 四 触媒研究所拡充期成会. 五 研究内容の概略. 六 研究成果. 七 紀要『触媒』及び『JRIC』の刊行. 八 触媒学会誕生と触媒研究所. 九 研究交流. あとがき. 年表」『北大百年史』部局史、北海道大学、1980年3月、 1251-1309頁、 NAID 120000965572

関連項目編集

外部リンク編集