北海道道17号小樽港線

日本の北海道の道路

北海道道17号小樽港線(ほっかいどうどう17ごう おたるこうせん)は、北海道小樽市内を結ぶ道道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
北海道道17号標識
北海道道17号 小樽港線
主要地方道 小樽港線
臨港線
地図
総延長 2.734 km
実延長 2.712 km
制定年 1954年昭和29年)
起点 北海道小樽市港町4丁目
終点 北海道小樽市勝納町
接続する
主な道路
記法
E5A 札樽自動車道
国道5号標識 国道5号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

 
北海道道17号小樽港線
小樽市港町(2014年5月)
 
小樽運河一部埋立による歩道拡張部分の様子

「臨港線」の通称があり、国道のバイパス的役割を果たしている。

路線データ編集

道路管理者編集

歴史編集

路線状況編集

通称編集

  • 臨港線

重複区間編集

道路施設編集

主な橋梁編集

  • 勝納跨線橋(92 m、函館本線、小樽市勝納町)

地理編集

通過する自治体編集

  • 後志総合振興局
    • 小樽市

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 道路現況調書 平成30年4月1日現在 北海道 (pdf)”. 一般財団法人 北海道建設技術センター (2019年3月27日). 2019年5月19日閲覧。
  2. ^ 1954年北海道告示第503号
  3. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十1日建設省告示第千二百七十号、建設省
  4. ^ 1994年北海道告示第1468号

関連項目編集