メインメニューを開く

北海道道732号上猿払浅茅野線

日本の北海道の道路

北海道道732号上猿払浅茅野線(ほっかいどうどう732ごう かみさるふつあさじのせん)は、北海道宗谷郡猿払村上猿払と同村浅茅野を結ぶ一般道道北海道道)である。冬期通行止め区間がある。

一般道道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
北海道道732号標識
北海道道732号上猿払浅茅野線
総延長 17.896 km
実延長 17.835 km
制定年 1972年昭和47年)
起点 北海道宗谷郡猿払村上猿払
終点 北海道宗谷郡猿払村浅茅野
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0238.svg国道238号
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道84号標識
北海道道84号豊富浜頓別線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
道路脇に立つ水深標
河川名と橋梁名を記したやや大きめの表示板

目次

概要編集

この路線は起点・終点付近を除いて未舗装である。また猿払川沿いの湿地帯を通るため、雨量が多い時は路面が冠水し通行止となることがある。このため、水深を量る水深標が道路脇の随所に設置されている。冬期は通行止めとなる。橋梁ごとに、河川名と橋梁名を記したやや大きめの表示板が設置されているのも特徴である。

路線データ編集

道路管理者編集

歴史編集

上猿払と浅茅野の間は1957年(昭和32年)3月31日に豊富浜頓別線の一部として認定されている。この路線がクッチャロ湖(大沼)南岸経由に変更されたため、新たに上猿払浅茅野線を認定した。
かつて起点付近には炭鉱集落が存在したが、1970年代初めに消滅集落となっている。

路線状況編集

冬期交通規制(通行止め)編集

  • 猿払村上猿払1372番地先(ゲート、道道豊富浜頓別線交点〔起点〕) - 猿払村浅茅野336-11(ゲート)
    区間延長:17.4 km

道路施設編集

主な橋梁編集

  • 石炭別橋(30 m、セキタンベツ川、猿払村上猿払)
  • 丸山橋(30 m、猿払川、猿払村上猿払 - 猿払村浅茅野)

常設型ゲート編集

  • ゲート(猿払村上猿払1372、起点付近)
  • ゲート(猿払村上猿払)
  • ゲート(猿払村浅茅野336-11)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1972年北海道告示第314号

関連項目編集