消滅集落

かつて住民が存在していたが、住民の転居や死亡などで、住民の人口が0人になった集落

消滅集落(しょうめつしゅうらく)とは、かつて住民が存在していたが、住民の転居死亡などで、住民の人口が0人になった集落である。

目次

概要編集

消滅集落は特に北陸地方四国地方に多い。農林水産研究情報総合センターのアンケートによると、回答した1243市町村の2割以上に当たる289市町村に消滅集落があった。2015年以後10年以内に消滅する可能性のある集落は570ありもっとも消滅する可能性のある集落が多い地域は四国であった[1]。2011年前回の調査で10年以内に消滅するとされた452集落の内実際に消滅した集落は41集落、16集落は他の集落に編入、合併など単独維持ではなくなった。

今後は中国地方九州地方で消滅集落が増える可能性がある。

「消滅せざるを得ない集落」の戸数は、4戸10人、1家族2人程度が限界の北陸、四国は限界水準が低く、6戸18人、1家族3人程度が限界の東海、近畿は限界水準が高い。集落の限界水準は地域にもよるが、5戸前後で10人から15人と考えられる。

消滅理由は地域差があり、北海道地方では「基幹作物の収益性の低下」、「耕作環境の悪化」が多く、沖縄地方では「基幹作物の収益性の低下」、「教育上の不安」が多い。また、ダム建設や自然災害(特に豪雪が多い)などでも消滅することがある。

なお、第二次世界大戦後、侵攻してきたソ連軍により強制的に北海道本島に移住させられた北方領土の集落も法的にはすべて消滅しているが、これらは含まない。

過疎対策編集

対策は集落移転、自治会の統合、集落排水などの生活基盤設備などが挙げられる[2]

全体が消滅・消滅寸前例編集

アイヌコタン編集

かつて北海道にはアイヌ民族のコタンが南部を中心に点々と存在し、コタン間のゆるやかなネットワークによる文化・生活・貿易共同体を形成していたが、江戸時代後期から明治時代にかけて日米欧文化流入、規模の大きい他のコタン、北海道外への移住などの背景事情からアイヌコタンの消滅が進んだ。1920年代にはアイヌ出身の研究者によって当時最新の科学技術を利用するなど利便化がコタンにも流入して、英語を学んで話せるアイヌのお婆さんがいたり、コタン外の都市部へ行った仲間から得た情報によって憧憬からコタン外への移住が進んで過疎化が進んでいることが確認されている[4]。 北海道が2013年に実施した「アイヌ生活実態調査」によれば、北海道に住むアイヌ民族の人口は16,786人(66市町村)となっており、アイヌコタンが消滅した市町村、地域がある。

消滅した地域編集

(2013年アイヌ生活実態調査)[5]

アイヌ民族が100人未満となった地域編集

(2013年アイヌ生活実態調査)[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成27年度 過疎地域等条件不利地域における集落の現況把握調査 (国土交通省、総務省)スライド110
  2. ^ 集落消滅の実態と限界水準
  3. ^ 徳山ダム [岐阜県]
  4. ^ 池谷和信, ‎長谷川政美 (2005/07). 日本の狩猟採集文化: 野生生物とともに生きる. 世界思想社. 
  5. ^ a b 公益社団法人北海道アイヌ協会 (2016-03-31). アイヌ民族の概説-北海道アイヌ協会活動を含め- (Report). 札幌市: 公益社団法人北海道アイヌ協会. http://www.ainu-assn.or.jp/ 2017年5月20日閲覧。. 

関連項目編集