メインメニューを開く

北部軍(Northern Command、פִּקּוּד צָפוֹן、Pikud Tzafon、パツァン)は、イスラエル国防軍方面軍の一つで、シリアレバノンと接する北部国境付近の防衛を担当する方面軍である。

目次

歴史編集

1960年代~70年代にかけて、北部軍はゴラン高原やレバノン国境、レバノン南部でシリア軍と何度も交戦した。

1973年の第四次中東戦争ではゴラン高原でシリア軍の戦車部隊との激戦を繰り広げ、戦車の残骸が多数残されたことからこの地が涙の谷とよばれることとなった。

70年代後半以降はレバノン南部に拠点を置いたPLOからの越境攻撃に晒され、また交戦した。

1982年のレバノン侵攻ガリラヤの平和作戦)においては作戦の中心的役割を担い、レバノン南部からのPLOの追放に成功した。その後、新たにレバノン南部を拠点としたヒズボラがイスラエルへの攻勢を強め、現在にいたるまで北部軍との衝突、侵攻作戦などが繰り返される事態となっている。

編成編集

 
北部軍の編成図


脚注・出典編集

関連項目編集