北野 英明(きたの ひであき(えいめい)、1941年9月22日 - )は、日本漫画家アニメーター神奈川県横浜市出身。麻雀劇画や原作付きの作品が多い。 麻雀の打ち手としては1974年第1期王位戦、1983年第14期名人戦で決勝進出(どちらも5人打ち)の実績がある。

経歴編集

少年のころから絵を描くのが好きで、やがて漫画も描くようになる。横浜商業高校在学中に少女漫画『三つの願い』でデビューした後、手塚治虫と知り合い、卒業後に弟子入りしてアシスタントとしても務める。虫プロダクションにて『どろろ』『ジャングル大帝』『あしたのジョー』等の作画監督や演出を務めた後、29歳の時に独立して漫画家へ。代表作の『牌の魔術師』は、日本で麻雀漫画が連載となった最初の作品であるとされる。漫画家時代の唯一の親友と言えるのは、手塚プロ入社時から同じ歳で漫画を引退するまで付き合いの会った村野守美であった。

作品リスト編集

掲載期間を付記することが望ましい。

テレビアニメ編集

(旧)虫プロのテレビアニメの演出家として

アシスタント編集

  • 地引かずや - 連載多数。
  • 江田健三 - 蕎麦屋の出前待ちで北斗プロ(北野プロ)に初めて出前して北野英明に感銘し、北野英明のアシスタントを数年して麻雀劇画で連載デビュー後に麻雀劇画家を10年程続ける。
  • 野口正太 - パチンコ漫画家。北斗プロを出た後に北海道に数ヶ月旅して、その後パチンコ漫画でデビュー。連載多数、単行本は未発表。
  • 高梨利光 - イラストレーター。
  • 竹内正輝 - 単行本一冊だけ漫画デビュー後に、バイクレースやバイクツーリングをしながらプロアシスタント生活を送る。結婚後に引退。

外部リンク編集