メインメニューを開く
北24条駅の上の交差点

北24条(きたにじゅうよじょう/Kita-Nijuyo-Jo)は、北海道札幌市北区にある地名。基本的に北22条 - 北26条、西2丁目 - 西5丁目付近一帯のことをしめす。

飲食店を中心とした商業地区で、周辺はマンションや団地が多い。また、北区役所、北消防署、北警察署の官公署が集中している。

かつては「オリオン座」(1958年 - 1975年[1])「テアトル24」[2]といった映画館も存在していた。

周辺編集

交通機関編集

バスターミナル併設

歴史編集

大正時代には札幌の市街地から程遠く、一面の草原が広がっていた。1927年、その一角に札幌飛行場が開設された。その後何回か拡張され、東京との定期便も運行されるが、1945年進駐軍によって閉鎖された。

飛行場跡地は農地などとして利用されていたが、1948年頃から引揚者用に住宅が建てられ始める。1950年頃には小規模な飲食店街が形成され、1952年札幌市電が北24条まで延伸されると急速に人口が増加した。市電の停留場では、毎朝乗り切れなかった乗客が長蛇の列をなしたという。なお市電はさらに新琴似駅前まで延伸されたが、地下鉄南北線の開業(1971年に北24条駅まで、1978年麻生駅まで)にともなって廃止された。

今では札幌第二の歓楽街として、「北のすすきの」とも呼ばれるほどになっている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 和田由美 (2013年5月24日). “オリオン座(札幌市)”. ほっかいどう映画館グラフィティー. 朝日新聞北海道支社. 2013年9月15日閲覧。
  2. ^ 第6回「北のシネマ塾」レポート!(前編)”. スタッフブログ. 北の映像ミュージアム (2012年7月10日). 2013年9月15日閲覧。

関連記事編集

外部リンク編集