区裁判所(くさいばんしょ)は、戦前の日本内地において、軽微な民事刑事事件の第一審を行った裁判所。当初は1881年太政官布告に基づいて設置され治安裁判所と称した。1890年の裁判所構成法により区裁判所に改称された。

概要編集

裁判裁判官1人で行う「単独制」が採られていた。また、現在は法務局の所管である登記事務も行っていた。現在の簡易裁判所と似ているが、簡易裁判所は区裁判所の後身ではなく、戦後新設された裁判所とされる。

裁判権編集

次の事項について第一審の裁判権を有する。

  • 訴訟価額が1000円以下の民事訴訟。(法第14条第1号)(当時の内閣総理大臣の月給とほぼ同額)

 裁判所構成法の制定当時は100円以下であり、200円以下(明治38年3月22日法律第67号)、500円以下(大正2年4月7日法律第6号)、1000円以下(大正14年3月28日法律第5号)へと順次引き上げられた。  なお、占有や不動産の境界など、一定の分野に関する訴訟については、訴訟価額にかかわらず区裁判所の管轄であった(法第14条第2号)。

  • 短期1年以上の懲役禁錮を規定していない罪で、予審を経ていない刑事訴訟。(法第16条)

 なお、この規定は度々改正されており、上記は大正11年法律第53号による改正後の規定である。

  • 破産事件(法第14条の2)

 裁判所構成法の制定当時は地方裁判所の管轄であり(法28条)、1922年の改正により区裁判所の管轄に移された(大正11年4月19日法律第53号)。

関連項目編集