十八時の音楽浴」(じゅうはちじのおんがくよく)は、海野十三の短編SF小説。『モダン日本昭和12年(1937年)4月増刊号に掲載された。

いわゆるディストピアを題材にした小説である。独裁政権が科学技術によって国民の人間性を奪う様を中心に描きながら、性転換人造人間のもたらす可能性をも示す。

あらすじ編集

独裁者「ミルキ」が支配するミルキ国では、国民にマインドコントロールの効果がある音楽を聴く「音楽浴」を義務付けることによって国家を統治していた。音楽浴はある種の覚せい剤のような効果があり、一時的に国民の集中力、労働力が向上するが国民を疲弊させる恐れがあるため、音楽浴の技術を開発した科学者「コハク」によって一日に18時から30分のみと制限されていた。ある日、コハクはミルキ夫人との不義の嫌疑を掛けられ、夫人とともに処刑されてしまう。

その後、コハクの研究所を調査していたミルキは、研究所でコハクの開発した美少女アンドロイド「アネット」を発見し、その美しさに心を奪われる。ミルキと不倫関係にあった女性大臣アサリは、アネットにうつつを抜かすミルキをある手段を用いて服従させることに成功し、国力増強のために、「十八時の音楽浴」を24四時間継続させることを決める。

時を同じくして火星人の軍団がミルキ国に侵攻してきた。アサリは即座に国防軍に迎撃を指示するが、継続的な音楽浴によって軍人を始めとして国民全員が精神に不調をきたしており、ミルキ国は為す術も無く窮地に追い込まれる。アサリはさらに音楽浴を増強することで事態の解決を図ろうとするが、疲労しきった国民は次々と倒れていく。ミルキとアサリも音楽の影響によって倒れ、万事休すと思われた時、死んだはずのコハク博士と、博士が密かに開発していたアネットにそっくりな美少女アンドロイドの集団が現れ、火星人の部隊と交戦する……。

登場人物編集

ミルキ
ミルキ国大統領。独裁者。女好き。少々間が抜けたところがあり、女性大臣のアサリにいいように利用されていたことに気が付かなかった。
コハク
ミルキの命により人間の感情をコントロールする「音楽浴」を開発した科学者。自身の研究所で様々なロボットやアンドロイドを開発していた。体がまるで死体のように冷たい。ミルキ夫人に呼び出され、サロンで戯れているところをミルキによって国内中に映像配信され、毒ガスで殺されそうになると爆発を起こし自殺した。
ペン
コハクの助手を務める男学員。バラとは夫婦。
バラ
コハクの助手を務める女学員。夫のペンへの愛は冷め気味。代わりにアネットに恋愛に似た感情を抱き始めている。
ポール
ペンの友人。アリシロ区に居住する靴職人。「音楽浴」が耳だけではなく体からも吸収されることに気づき、密かに「音楽浴」に対抗できるスーツを開発し着用していた。自身の体を改造し、女性となってペンと友人以上の関係になりたいと考えている。
ミルキ夫人(ミルキふじん)
大統領ミルキの妻。ミルキ国随一の美貌の持ち主。自身の邸宅にコハクを呼び出し政権打倒を持ちかけるも、ミルキから不貞の嫌疑をかけられ、コハクと共に殺されてしまう。
アサリ
女性大臣。ミルキとは不倫関係にある。冷徹な性格で目的のためなら手段を選ばないタイプ。大統領を陥れ、実権を手にする。
アネット
コハクが開発した美少女型人造人間の試作品。人語を話すことは出来ない。その身体はさながらミロのビーナスのように美しく、ミルキが作りかけの下半身を見るまでアンドロイドとは気が付かなかったほど。一糸まとわぬ姿を観たミルキを魅了するが、その光景にアサリは嫉妬する。

翻案編集

十八時の音楽浴 漆黒のアネット(じゅうはちじのおんがくよく しっこくのアネット)
ゆずはらとしゆき[1]:著、宮の坂まり:画。 ISBN 9784094510133
2007年6月19日小学館ガガガ文庫より刊行されたライトノベル作品。「十八時の音楽浴」と海野の短編「火葬国風景」を原作に、日本の近代文学作品を翻案する「跳訳(ちょうやく)シリーズ」の第1作。海野十三のクレジットは原作となっている。

外部リンク編集