14代千 宗室(せん そうしつ、1893年7月24日 - 1964年9月7日)は、日本茶人裏千家14代家元[1]

1953年

人物編集

東京都出身。13代千宗室の長男。同志社普通部卒。号は碩叟、淡々斎[1]

1940年全国組織の淡交会を設立、裏千家発展の基礎を築く。また国際茶道文化協会を設立、茶道の海外普及にも努めた。

妻は千嘉代子。子に長女の塩月弥栄子(宗芯)、次女の櫻井良子(宗養、子爵桜井忠胤長男・忠義の妻)、長男の15代千宗室、次男の納屋嘉治淡交社社長)、三男・大谷巳津彦(デザイナー)。巳津彦の妻は戦後最大級のフィクサーと呼ばれた大谷貴義の娘大谷享子。その長男・大谷裕巳は茶道関連事業を手掛けている[2]

著書編集

  • 風興集 茶道月報出版部 1936
  • 淡々随筆 交友堂 1942 (茶道全書)
  • 小習事一六ケ条伝記 一条書房 1944.2
  • 風興集 続 河原書店 1948
  • 無限集 淡交社 1949
  • 花月風雅集 淡々斎宗室 浜本宗俊編 淡交社 1953 (淡交叢書)
  • 茶室 設計詳図とその実際 村田治郎北村伝兵衛共編 淡交新社 1959
  • 裏千家淡々斎遺芳集 第1-2巻 淡交新社 1965
  • 裏千家茶の湯全書 婦人画報社 1965
  • 茶に生きる 淡々斎千宗室 講談社 1987.9

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 京都大事典 淡交社 1984.11 国立国会図書館書誌ID:000001713924
  2. ^ 新会員スピーチ 「自己紹介」(株)ミリエーム 代表取締役社長大谷裕巳君京都ロータリークラブ、2016.6.1


参考文献編集

  • 新潮日本人名辞典