千年町駅

日本の北海道の鉄道駅

千年町駅(ちとせまちえき)は、北海道夕張市鹿島千年町にあった三菱石炭鉱業大夕張鉄道線廃駅)である。大夕張鉄道線の路線短縮に伴い1973年に廃止された。

千年町駅
(千)大夕張.jpg.jpg
(千)大夕張と記された乗車券
ちとせまち
Chitosemachi
明石町 (1.4 km)
(0.8 km) 大夕張
所在地 北海道夕張市鹿島千年町
所属事業者 三菱石炭鉱業
所属路線 大夕張鉄道線
キロ程 15.0 km(清水沢起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1950年(昭和25年)11月1日
廃止年月日 1973年(昭和48年)12月16日
テンプレートを表示

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。山小屋風の駅舎が住民に親しまれた。

歴史編集

  • 1950年(昭和25年)11月1日 - 千年町停留場として開業、駅舎建設社内線旅客取扱。(千)大夕張として乗車券を発売。大夕張駅管理の停留所で、駅長は置かれなかった。
  • 1952年(昭和27年)3月15日 - 大夕張駅扱いとして連絡乗車券を発売。
  • 1960年(昭和35年)3月21日 - 停留所から駅に昇格し、千年町駅として運賃設定し乗車券発売同時に連絡取扱開始。
  • 1973年(昭和48年)12月16日 - 南大夕張駅 - 大夕張炭山駅間廃止により廃駅。

廃止後編集

廃止後間もなく駅施設は撤去された。駅前には夕張千年郵便局夕張警察署鹿島南警察官駐在所(千年町交番)があり、駅廃止後も存続していた。跡地は2014年3月、夕張シューパロダムの試験湛水開始により水没したが、その前の時点で既に駅の痕跡はなくなっていた。

隣の駅編集

三菱石炭鉱業
大夕張鉄道線
明石町駅 - 千年町駅 - 大夕張駅

参考文献編集

  • 奥山道紀・赤城英昭『三菱鉱業大夕張鉄道』ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY #47〉、2003年。ISBN 4-7770-5002-5
  • 奥山道紀「RM LIBRARY通信 三菱大夕張鉄道の現在」『レイルマガジン』第251号、ネコ・パブリッシング、2004年8月、 pp. 104-107。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯43度4分25.6秒 東経142度6分16秒 / 北緯43.073778度 東経142.10444度 / 43.073778; 142.10444