メインメニューを開く

千振ダム(ちぶりダム)は、栃木県那須郡那須町豊原にある那珂川水系黒川の支流に建設された灌漑専用ダムである。

千振ダム
千振ダム
左岸所在地 栃木県那須郡那須町豊原
位置
河川 那珂川水系黒川支流
ダム湖 千振湖
ダム諸元
ダム型式 ロックフィルダム
堤高 23.0 m
堤頂長 130.0 m
堤体積 90,000
流域面積 1.7 km²
湛水面積 5.0 ha
総貯水容量 354,000 m³
有効貯水容量 335,000 m³
利用目的 灌漑
事業主体 栃木県
施工業者 三幸建設工業
着手年/竣工年 1966年/1971年
出典 [1]
備考 [1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

那須高原の東端福島県白河市の近くの丘陵地に位置する。湖の周囲はゴルフ場別荘地になっている。ダムの型式はロックフィルダムで、高さは23.0mだが、緑の芝に覆われておりアースダムのように見える。灌漑を目的としており、春先の田植え等少雨時の灌漑に威力を発揮している。

当千振ダムは、現在県知事認可の農業団体「千振土地改良区」が管理を担当しているが、平成20年4月1日以降は那須町の「千振土地改良区」を含む10の土地改良区が合併して誕生する「那須町土地改良区」の「千振維持管理委員会」に管理が引き継がれる予定。[2]

脚注編集

  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1975年度撮影)
  2. ^ 出典:那須町農林振興課への問い合わせによる

関連項目編集

外部リンク編集