水系(すいけい、英語: drainage system)は、河川に関連する用語である。1本の川(本川)に集まる全ての川を、まとめて「水系」と呼称する[1]

青い線が示すのが、水系
赤い点線の内側は、流域

概要編集

雨や雪が流れ込む範囲を流域、もしくは集水域と呼ぶ[2][3]。同じ流域内にある本川・支川・派川、およびこれらに関連する湖沼を含めて「水系」と呼称する[2][4]。流域の境目は分水界(山の場合は分水嶺)と呼ぶ[3]

水系は国が管理する一級水系と、都道府県が管理する二級水系に大別できる[1]。一級水系に含まれる川は一級河川・準用河川・普通河川、二級水系に含まれる川は二級河川・準用河川・普通河川である[2]。一級水系、二級水系以外の水系は単独水系と呼ばれ、準用河川・普通河川から成る[2]

地理学的分類編集

水系は、その形状などから次のように地理学的に分類される[独自研究?]

  • 枝状水系 - 世界中で一般的に見られる形態。本流と支流樹枝のような形状のもの[独自研究?]
  • 平行水系 - 急斜面に見られる形態。急斜面上で水流が直線状となり、隣接する水系と平行関係をとるもの。山脈地帯に多く見られる[独自研究?]
  • 格子状水系 - 地質的に強い構造上の力を受けている地域に見られる形態。放射状水系上空から見ると車輪スポーク状となるもの。円錐形の火山などで見られる[独自研究?]
  • 方形状水系 - 断層地帯で形成される水系形状[独自研究?]
  • 環状水系 - 盆地の中央部で形成される環状の水系形状[独自研究?]
  • 乱状水系 - 最終氷期に形成されたカナダの湖沼地帯のように、明確な分水界もなく、湖沼が乱雑に存在するような水系形状[独自研究?]

脚注編集

  1. ^ a b 河川用語 | 江戸川河川事務所 | 国土交通省 関東地方整備局”. www.ktr.mlit.go.jp. 2021年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 気象庁|予報用語 河川、洪水、大雨浸水、地面現象に関する用語”. www.jma.go.jp. 2021年8月20日閲覧。
  3. ^ a b 河川用語集~川のことば~”. www.nilim.go.jp. 2021年8月20日閲覧。
  4. ^ 河川用語解説集”. 円山川流域委員会庶務. 2021年8月閲覧。

関連項目編集