千枚通し(せんまいどおし)とは、を使って小孔を開けるための文房具である。目打ちと呼ばれることもある。多くの重ねた紙を刺し通し、孔をあけるのに用いる[1]。鋭い針状の切っ先と持ち手で構成される形状はと似ている。

千枚通し

対象に切っ先を接触させ、持ち手に力を込めて刺し通す。紙の量が多いときには切っ先を回転させる。

錐との違いは切っ先の断面形状にある。錐はドリルのように対象を切削して穴を掘り進めるため、切っ先が角錐状や弧状のになっているのに対し、千枚通しに刃はなく、円錐形の切っ先となっている。

なお、先端付近に小さな穴を設けてミシン針のように紐を通せるつくりの千枚通しもある。

過去、多く用いられていた和紙あるいは藁半紙などは紙を構成する繊維の隙間が広く、そこを千枚通しでこじ開けていくようにして容易に穿孔できた。しかし現代のコピー用紙のような密度が高い紙は枚数を重ねると千枚通しでは刃が立たなくなり、パンチが登場してからは、安全面でも鋭利な先端が露出した千枚通しより優れていることから、オフィスや学校などでは次第に取って代わられた。現在でもホームセンターで容易に手に入るが、たこ焼き等をひっくり返す調理道具として販売されていたり、農業、裁縫、工作など、別の用途で使われるようになった。

出典編集

関連項目編集