メインメニューを開く

千石纏』(せんごくまとい)は、1950年(昭和25年)に子母沢寛が発表した新聞小説であり、同作を原作として同年にマキノ雅弘が監督し、東横映画が製作、東京映画配給が配給して公開した日本の長篇劇映画である[1][2][3][4]

略歴・概要編集

 
映画『千石纏』公開当時のスチル写真。右片岡千恵蔵、左市川右太衛門

小説『千石纏』は、『東京日日新聞』(現在の毎日新聞夕刊)、『新関西新聞』、『愛媛新聞』の3紙に掲載された[1][4]。単行本が上梓されたのは、映画が公開された後、1951年(昭和26年)である[5]。最初に文芸図書出版社から、1956年(昭和31年)には版元を変えて桃源社から出版された[5]

第二次世界大戦後、従来興行会社であった東横映画が大映との協定を結び、1947年(昭和22年)、「大映第二撮影所」(現在の東映京都撮影所)を借りて同撮影所を「東横映画京都撮影所」[6]として製作を開始して以来、4年目に入った同社の正月第一弾映画である。本作は、同社でのマキノ雅弘(マキノ正博)の5作目にあたり、翌年1月5日には、同社の正月第二弾映画『女賊と判官』が公開されるが、これも監督は同作同様のマキノ雅弘、そして共同監督が萩原遼であった[7]

東横映画の作品を配給するために東京映画配給(現在の東映)が設立されて1年半が経過しており、本作は東京映画配給が配給して、1950年(昭和25年)12月31日に公開された[1][2][3][4]。本作に「映倫番号」が付されているのは、1949年(昭和24年)6月14日に「映画倫理規程管理委員会」(旧映倫)が結成されたからで、1954年(昭和29年)8月まではレイティングは行われていない[8]

東京国立近代美術館フィルムセンターは、本作の上映用プリント等を所蔵しており[9]東映チャンネルも同作をHD化して放映している[10]。2017年5月時点、GAO!ストアのストリーミング配信で視聴可能。

目次編集

  1. 千本並木 - p.3
  2. 千兩藝者 - p.29
  3. 木遺師 - p.55
  4. 柳ばし - p.82
  5. おんな達引 - p.109、
  6. 米澤町二丁目 - p.135
  7. 筋引纒 - p.162
  8. 本郷湯島 - p.189
  9. 消し枡 - p.215
  10. 兩國八景 - p.241
  11. 江戸つ子 - p.266
  12. 向う庇 - p.292
  13. 心の塵 - p.317
  14. 花咲く纒 - p.342

ビブリオグラフィ編集

国立国会図書館蔵書による一覧である[5]

映画編集

千石纏
The Firefighters
 
公開当時のポスター。
監督 マキノ雅弘
脚本 館岡謙之助
依田義賢
原作 子母沢寛
製作 マキノ光雄
企画 柳川武夫
出演者 片岡千恵蔵
市川右太衛門
音楽 大久保徳二郎
撮影 三木滋人
編集 宮本信太郎
製作会社 東横映画
配給   東京映画配給
公開   1950年12月31日
上映時間 88分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

千石纏』(せんごくまとい)は、1950年(昭和25年)に子母沢寛が発表した新聞小説を原作として、同年にマキノ雅弘が監督し、東横映画が製作、東京映画配給が配給して公開した日本の長篇劇映画である[1][2][3][4]

作品データ編集

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 千石纏、日本映画情報システム、文化庁、2012年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 千石纏日本映画製作者連盟、2012年7月19日閲覧。
  3. ^ a b c 千石纏日本映画データベース、2012年7月19日閲覧。
  4. ^ a b c d 千石纏キネマ旬報映画データベース、2012年7月19日閲覧。
  5. ^ a b c 千石纏国立国会図書館、2012年7月19日閲覧。
  6. ^ 『映画年鑑 1951』、p.219.
  7. ^ 女賊と判官 - 日本映画データベース、2012年7月19日閲覧。
  8. ^ 映倫の概要映画倫理委員会、2012年7月19日閲覧。
  9. ^ 千石纏東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月19日閲覧。
  10. ^ 千石纏東映チャンネル、2012年7月19日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集