メインメニューを開く

千葉 時胤(ちば ときたね)は、鎌倉時代前期の武将。鎌倉幕府御家人千葉氏第7代当主。『千葉大系図』によれば、千葉成胤の三男とされてきたが、近年になって千葉胤綱(成胤長男)の長男とする見方が有力視されている[2]

 
千葉時胤
時代 鎌倉時代前期
生誕 建保6年8月11日1218年9月2日
死没 仁治2年9月17日1241年10月23日
別名 千葉介
幕府 鎌倉幕府
主君 将軍源実朝藤原頼経
得宗:(北条義時→)北条泰時
氏族 千葉氏
父母 父:千葉成胤? または 千葉胤綱?
北条時房の娘[1]
頼胤、女子(藤原信通室)

目次

略歴編集

千葉成胤が没した建保6年(1218年)に生まれる。北条氏得宗家当主・鎌倉幕府第3代執権北条泰時より偏諱を受けて時胤と名乗る[3]

安貞2年(1228年)、胤綱の死により、千葉介を継承する。嘉禎元年(1235年)、京都において平経高(『平戸記』著者)邸に「千葉介某の手の者」が乱入した(原因は経高の子経氏と千葉氏家臣の間の女性問題であるという)。この時の千葉介はまだ13歳の時胤であった。翌2年(1236年)に下総国一宮である香取社造営(遷宮)の宣旨を受けている。同4年(1238年)には将軍藤原頼経上洛があり、時胤も供奉する予定であったが、執権である北条泰時の命令によって香取社の造営が終わっていないことを理由に上洛を止められている[4](この命令の背景には上洛によって香取社の造営が遅れることや千葉氏に対する二重の財政負担につながることを幕府側が危惧したとみられ、後に上洛に従った下総国の地頭に対しても時胤の事例を引きながら帰国するように命令[5]が出されている)[6]。香取社造営中の仁治2年(1241年)に24歳で没し、子の頼胤が跡を継いだ。

時胤の系譜の問題編集

千葉氏の系譜の初期のものと考えられる『神代本千葉系図』などの古い系図では、時胤を胤綱の長男とし、同じ系統の伊豆山権現『般若院系図』では、その弟に頼胤の後見を務めた泰胤(次郎)を配置している。ところが、『吾妻鏡』によれば、胤綱の享年は21であり、建保6年当時はまだ11歳に過ぎない。そこで江戸時代に『千葉大系図』が作成された際に先行系図に誤りがあるとして胤綱と時胤を兄弟として父を成胤とした。ところが、時胤の生まれた年に成胤は死去しており、時胤に「次郎泰胤」と名乗る弟がいるのも誤りであるとして、泰胤を成胤の次郎すなわち「胤綱の弟・時胤の兄」とする系図に“修正”を行った。これは当時『吾妻鏡』が比較的信憑性が高い歴史書として重んじられてきたことによる部分が大きい。

ところが、近年になって鎌倉時代後期の創建であるとは言え、創建当時から千葉氏と密接なつながりを有した本土寺過去帳に胤綱の享年を31とする記述があることが問題視され、『吾妻鏡』が編纂された時に原史料からの引用を誤って「年二十一」(安貞2年5月28日庚子条)としてしまったものを更に『千葉大系図』の編者が信じて引用して、これに合わせる形で“修正”を行ったものと考えられるようになった。

続いて、『神代本千葉系図』と同様、九州千葉氏に伝来された系譜を元に作成されたとみられる別系統の『徳島本千葉系図』『平朝臣徳嶋系図』(いずれも九州千葉氏の庶流である元佐賀藩士・徳島家に伝来した系図)が発見され、そこには胤綱と時胤は『神代本千葉系図』と同じように父子とされており、特に後者に記述された胤綱の享年は本土寺過去帳と合致していることが確認された。本来は千葉氏の宗家(時胤の嫡孫宗胤の直系)でありながら、鎌倉時代末期の一族の内紛で宗家の地位を失って下総本国から切り離された九州千葉氏には信頼性が高い系図史料が伝わっていた可能性が高いとみられている[7]

また、時胤が胤綱の長男でないとした場合、鎌倉時代後期に千葉氏関係者によって書かれたと言われている『源平闘諍録』にある“千葉氏の当主が長男に継承され続けた”とする記述との矛盾や胤綱の没後「兄」である泰胤が千葉氏を継承できなかったことの説明が付かないという点で問題点が発生するため、「時胤は胤綱の長男・泰胤の兄 」が実際の正しい系譜であると考えられている。なお、胤綱が31歳で没したとすれば、時胤は21歳の時の子となる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『奥山庄史料集』所収『桓武平氏諸流系図』より。
  2. ^ 『千葉県の歴史 通史編 中世』(2007年、 P130-138)
  3. ^ 得宗家は本来ならば将軍の下で一御家人という立場にありながら、烏帽子親関係による一字付与を利用して、他の有力御家人を統制したことが指摘されており、地域棟梁格の有力御家人であった千葉氏(菱沼一憲『中世地域社会と将軍権力』汲古書院、2011年)もその統制下にあった。その統制の主体である烏帽子親、すなわち有力御家人が一字を賜る相手が将軍から得宗家へ移行したという見解も示されており(角田朋彦 「偏諱の話」(『段かづら』三・四、2004年) および 山野龍太郎「鎌倉期武士社会における烏帽子親子関係」(所収:山本隆志 編『日本中世政治文化論の射程』(思文閣出版、2012年)p.163)、→詳細は北条氏#北条氏による一字付与についてを参照)、泰胤北条泰時頼胤北条時頼宗胤胤宗兄弟が北条時宗胤貞貞胤北条貞時高胤北条高時から一字を拝領したと考えられる(以上、紺戸論文(『中央史学』2号、1979年、p.15系図・p.18)より)。更に、足利氏において通字の「氏」が付かない足利家時について「時」の字が北条氏からの偏諱であることが指摘されており(小谷俊彦 「北条氏の専制政治と足利氏」(田中大喜 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第九巻 下野足利氏』(戎光祥出版、2013年)、p.131))、「時」を通字としない千葉氏においては、本項の時胤がそれと同じケースと考えられ、年代的に北条泰時から賜ったものとみられる。但し、紺戸論文(『中央史学』二、1979年、p.18)によれば、『千葉系図』(『続群書類従』第六輯下に所収)で時胤の註記に仁治2年に42歳で没したという記載がみられ、その場合生年が正治2年(1200年)となるため、元服1209-14年の間となり、「時」の字を与えたのは泰時ではなくその父・義時ではないかとしている。以上、千葉氏当主が北条氏と烏帽子親子関係を結んだ旨は、服部英雄 「中世小城の景観・海から考える」(→PDF版)に明確に示されている。
  4. ^ 『香取文書』嘉禎四年(推定)正月二十三日関東御教書写(『鎌倉遺文』7-5203)
  5. ^ 『香取文書』嘉禎四年三月十五日関東御教書写(『鎌倉遺文』7-5218)
  6. ^ 上杉和彦「鎌倉将軍上洛とその周辺」(初出:『古代文化』43巻11号(1991年)/所収:上杉『鎌倉幕府統治構造の研究』(校倉書房、2015年) ISBN 978-4-7517-4600-4
  7. ^ 丸井敬司『千葉氏と妙見信仰』(岩田書院、2013年)

参考文献編集

  • 千葉県史料研究財団 編『千葉県の歴史 通史編 中世』(千葉県、2007年) 第1編第2章P130-138
  • 千野原靖方『千葉氏 鎌倉・南北朝編』(崙書房出版、1995年) ISBN 9784845510153 第二章P159-160
  • 丸井敬司『千葉氏と妙見信仰』(岩田書院、2013年) ISBN 9784872947946 第一部第一章P19-35

外部リンク編集