メインメニューを開く

歴史編集

創設 - 貴乃花一門加入編集

  • 1989年(平成元年)7月場所限りで引退して春日野部屋の部屋付き親方となっていた年寄・19代千賀ノ浦(元関脇舛田山)が、2004年9月27日に春日野部屋から分家独立して千賀ノ浦部屋を創設した。独立に際しては、拓殖大学の後輩である幕内力士の栃乃洋を内弟子として引き連れる予定であったが、年寄株の譲渡の問題で話がまとまらずに栃乃洋は春日野部屋に留まることになった。同じ拓殖大学の後輩である幕下・栃の山(現・世話人)はこの時に千賀ノ浦部屋へ移籍している。
  • 2010年11月場所に舛ノ山が新十両へ昇進し、部屋史上初となる関取が誕生した。2014年6月25日には出羽海部屋から13代稲川(元小結普天王)が移籍して部屋付き親方となった。
  • 2016年4月10日に19代が定年退職を迎えるため、同年3月中旬から部屋の後継者擁立を進めていたものの、所属する出羽海一門内からの後継は13代稲川を含め実現せず、同一門内の他の部屋との合併も条件的に折り合わなかった[1]。そこで19代は貴乃花一門に所属する貴乃花部屋の部屋付き親方である15代常盤山(元小結・隆三杉)に対して千賀ノ浦部屋の師匠に就任することを要請[2]、常盤山はこれを了承し、同年4月8日付で19代と名跡を交換、20代千賀ノ浦を襲名して部屋を継承[3]。19代は16代常盤山を襲名して部屋付き親方となり、定年退職後は日本相撲協会の再雇用制度を利用して引き続き協会及び部屋に残っている[4]。またこの部屋継承により千賀ノ浦部屋は出羽海一門から貴乃花一門へ移籍した[5]。部屋継承後の2016年5月8日に、部屋付き親方だった13代稲川が出羽海一門の木瀬部屋へ移籍した[6]

貴乃花一門消滅 - 現在編集

  • 2018年6月に貴乃花親方が一門を離脱した事により、貴乃花一門が消滅。同年7月に日本相撲協会は全ての部屋は必ず一門に属さねばならないとの決定をしたため、9月21日に同じ旧貴乃花一門の阿武松部屋大嶽部屋時津風一門を離脱して無所属となっていた湊部屋錣山部屋とともに二所ノ関一門に加入を申請し、認められた。
  • 2018年10月1日、貴乃花親方の日本相撲協会退職に伴い、貴乃花部屋から貴景勝貴ノ岩をはじめとする力士及び、床山、世話人の計10人を受け入れ[7]、2018年11月場所終了時点では関取4人を含む所属力士17人という中規模な部屋となっている。
  • 2018年11月場所において、小結の貴景勝が部屋の力士として初めて幕内最高優勝を果たした。
  • 2019年3月場所後の番付編成会議において、貴景勝の大関昇進が決定。

不祥事編集

  • 2018年12月、幕内・貴ノ岩が同年の冬巡業中に暴行問題を起こしたことが報道され、引責により引退した[8]。なお、20代千賀ノ浦は監督責任を問われ、相撲協会より譴責処分を受けた[9]
  • 2019年9月場所前の9月3日、8月31日に十両・貴ノ富士が稽古総見後に部屋へ戻った後、付き人の序二段力士に対して暴行問題を起こしたことが報道された[10]。同月2日に被害者力士ら3人が姿を消したため、20代千賀ノ浦が連絡をとって2日深夜に詳細を把握[11][12]。20代千賀ノ浦は3日に相撲協会の鏡山コンプライアンス部長に報告し、9月場所の出場自粛の申し出が了承された[13]。相撲協会はコンプライアンス委員会(青沼隆之委員長=元名古屋高検検事長)に調査と処分意見の答申を依属し、同委員会は9月5日から調査を開始[14][15]。その結果、貴ノ富士による付け人への暴行・差別的発言[16][17]や貴源治による新弟子への理不尽な命令・処罰[18]が判明した。同月26日の理事会で貴ノ富士には自主引退を促する決議(答申は引退勧告)がなされ、貴源治はけん責、20代千賀ノ浦には師匠としての監督責任を問われ報酬減額6ヵ月(20%)の処分が通達された[19]。貴ノ富士は処分を不服として翌27日に文部科学省で記者会見を行った[20]が、10月11日に日本相撲協会は貴ノ富士の引退届を受理したと発表し、貴ノ富士は現役を引退した[21]

所在地編集

師匠編集

  • 19代:千賀ノ浦靖仁(ちがのうら やすひと、関脇・舛田山石川
  • 20代:千賀ノ浦太一(ちがのうら たいち、小結・隆三杉神奈川

力士編集

現役の関取経験力士編集

幕内編集

前頭

十両編集

所属年寄編集

  • 常盤山靖仁(ときわやま やすひと、関脇・舛田山、石川)[23]

世話人編集

  • 嵐望将輔(らんぼー しょうすけ、幕下・嵐望、東京) ※貴乃花部屋から移籍
  • 栃の山博士(とちのやま ひろし、幕下・栃の山東京

旧・千賀ノ浦部屋編集

明治時代に初代・高砂雷電が所属した関係で、当初は千賀ノ浦は高砂系の名跡だった。

大正時代に元関脇・綾川が高砂の相続争いに敗れて入間川部屋に身を寄せた後、引退後に8代千賀ノ浦を襲名して自身の内弟子を連れて千賀ノ浦部屋を創設した。この時の弟子には、後の関脇・綾川や幕内・外ヶ浜がいた。8代千賀ノ浦は1927年(昭和2年)限りで千賀ノ浦部屋を閉鎖し、綾櫻や外ヶ浜、関脇・綾昇などの所属力士は出羽海部屋へ移籍した。

その後、8代千賀ノ浦の弟子である綾櫻改め綾川が二枚鑑札で9代千賀ノ浦を襲名したが、9代千賀ノ浦は部屋を再興することなく、1940年1月限りで年寄名跡を伊勢ヶ濱部屋幡瀬川に譲って廃業した。幡瀬川は引退後に年寄・10代千賀ノ浦を襲名して、1941年5月に千賀ノ浦部屋を再興したものの、わずか1年後の1942年5月に千賀ノ浦部屋を閉鎖して、自身はすぐに伊勢ヶ濱部屋へ戻っている。

脚注編集

  1. ^ 異例 常盤山親方が千賀ノ浦部屋を継ぐ 日刊スポーツ 2016年4月8日
  2. ^ 15代常盤山は現役引退後は主に19代が担当部長を務めてきた名古屋場所の担当として勤務しており、そうした関係から「一門の枠に囚われずに、気心知れた人に継いでほしかった」という19代の意向により師匠に就任することとなった。
  3. ^ 一門の枠を越えての部屋継承は、昭和以降では2例しかなく、1例目は2004年8月26日に出羽海一門に所属する北の湖部屋の現役力士であった金親が11代宮城野を襲名して立浪・伊勢ヶ濱連合所属の宮城野部屋を継承。2例目は2013年1月4日に北の湖部屋の部屋付き親方である26代小野川(元幕内・北桜)が9代式守秀五郎を襲名して時津風一門に所属する式秀部屋を継承。千賀ノ浦部屋は3例目になる。
  4. ^ 常盤山親方が年寄「千賀ノ浦」襲名 毎日新聞 2016年4月8日
  5. ^ 部屋継承と同時に一門を移籍したのは、時津風一門から出羽海一門に移籍した式秀部屋以来2例目である。
  6. ^ “稲川親方が木瀬部屋へ=大相撲”. 時事ドットコム. (2016年5月8日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016050800177&g=spo 2016年5月8日閲覧。 
  7. ^ “貴乃花親方、角界去る 力士らの移籍承認で貴乃花部屋は消滅”. SANSPO.COM. (2018年10月1日). https://www.sanspo.com/sports/news/20181001/sum18100114100005-n1.html 2018年10月1日閲覧。 
  8. ^ “貴ノ岩の引退届を受理 暴行問題で協会「本人の意志」”. 朝日新聞. (2018年12月7日). https://www.asahi.com/articles/ASLD75H62LD7UTQP01T.html 2018年12月7日閲覧。 
  9. ^ 元幕内・貴ノ岩は現役引退のため「処分なし」千賀ノ浦親方には「けん責処分」 - スポーツニッポン 2018年12月19日
  10. ^ 暴力“再犯”貴ノ富士に協会は怒り 解雇の可能性も - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年9月3日). 2019年9月5日閲覧。
  11. ^ 貴ノ富士 また暴行 弟弟子に腹立て頭部殴打 芝田山広報部長「繰り返し一番重い」”. スポニチAnnex(2019年9月4日). 2019年9月4日閲覧。
  12. ^ 十両・貴ノ富士、また付け人に暴力 コンプラ委が調査へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2019年9月3日). 2019年9月4日閲覧。
  13. ^ 貴ノ富士また付け人に暴力!秋場所休場 協会調査へ - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年9月3日). 2019年9月4日閲覧。
  14. ^ 暴力行為の貴ノ富士を聞き取り調査” (日本語). 毎日新聞(2019年9月7日). 2019年9月9日閲覧。
  15. ^ 貴ノ富士、暴力問題で1時間半聞き取り コンプライアンス委員会(スポニチ)” (日本語). 毎日新聞(2019年9月8日). 2019年9月9日閲覧。
  16. ^ 貴ノ富士が差別的発言繰り返す 協会が暴行詳細発表(日刊スポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年9月26日). 2019年9月27日閲覧。
  17. ^ 相撲協会が自主引退を促した貴ノ富士の“悪質すぎる言動” – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社(2019年9月26日). 2019年9月27日閲覧。
  18. ^ 貴源治と千賀ノ浦親方処分 新弟子に「理不尽」行動” (日本語). gooニュース (2019年9月26日). 2019年9月27日閲覧。
  19. ^ 十両貴ノ富士に引退促す=2度目の暴力や差別的発言-大相撲(時事通信)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年9月26日). 2019年9月26日閲覧。
  20. ^ 引退促された貴ノ富士「受け入れられない」 協会決議に(朝日新聞デジタル)” (日本語). Yahoo!ニュース(2019年9月27日). 2019年9月27日閲覧。
  21. ^ 貴ノ富士関の現役引退が正式決定」『共同通信』、2019年10月11日。2019年10月11日閲覧。
  22. ^ 元小結・富士錦が師匠の時に建設。
  23. ^ 千賀ノ浦部屋

外部リンク編集