メインメニューを開く

南京奥林匹克体育中心(なんきんオリンピックたいいくちゅうしん、簡体字: 南京奥林匹克体育中心)は、中国江蘇省南京市建鄴区にある6万人収容できる競技場。2005年の中華人民共和国全国運動会開催を機に建設された。

南京奥林匹克体育中心
Nanjing Olympic Sports Center main gym.jpg
施設情報
所在地 中華人民共和国の旗 江蘇省南京市建鄴区江東中路
位置 北緯32度0分38.31秒 東経118度43分10.92秒 / 北緯32.0106417度 東経118.7197000度 / 32.0106417; 118.7197000座標: 北緯32度0分38.31秒 東経118度43分10.92秒 / 北緯32.0106417度 東経118.7197000度 / 32.0106417; 118.7197000
起工 2002年1月28日
開場 2005年5月1日
所有者 江蘇省人民政府
グラウンド 天然芝
建設費 86億9800万元
設計者 HOK Sport[1]
使用チーム、大会
第10回全運会(2005年)
南京ユースオリンピック(2014年)
江蘇蘇寧足球倶楽部(2006年~)
2009年世界女子ハンドボール選手権
収容能力
62,000
夜のスタジアムの様子
2006年に開催された孫燕姿のコンサートの様子

目次

スタジアム編集

スタジアムは62,000名収容で、サッカー、陸上競技などに対応。中国スーパーリーグの江蘇蘇寧足球倶楽部の本拠スタジアムでもある。

体育館編集

体育館は最大13,000名収容。2009年の世界女子ハンドボール選手権準決勝・決勝が開催された。2014年に2014年南京ユースオリンピック、2017年にはFIVBバレーボール・ワールドグランプリ決勝ラウンドが開催。

水泳場編集

水泳場は国際水泳連盟認定のプールで最大4,000名収容。

テニス場編集

テニス場はハードコート、センターコートは4,000名、サブコートも2,000名入れる。

脚注編集

外部リンク編集