メインメニューを開く

南杭瀬村

南杭瀬村(みなみくいせむら)は、かつて岐阜県安八郡に存在したである。

南杭瀬村
廃止日 1934年12月5日
廃止理由 編入
現在の自治体 大垣市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
安八郡
面積 3.78km2.
隣接自治体 大垣市
安八郡安井村洲本村多芸島村
不破郡静里村綾里村
南杭瀬村役場
所在地 岐阜県安八郡南杭瀬村
 表示 ウィキプロジェクト

現在の大垣市中南部に該当する。

村名は杭瀬川に由来する。杭瀬川と水門川に挟まれた地域である。

田園地帯であるが、大垣市に編入後、地下水が豊富なことから化学工場が多く進出している。

目次

沿革編集

  • 江戸時代、一帯は大垣藩領であった。
  • 1872年明治5年) - 安八郡今村と今村入方が合併し、今村となる。
  • 1874年(明治7年) -
    • 安八郡割田村が分立し、割田村と外野村となる。
    • 外花村から外渕新田が分離し、外渕村に編入される。
  • 1880年(明治13年) - 安八郡今村の一部(旧・今村入方)が、世安村[1]として分立する。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 安八郡今村[2]、割田村、外野村、外花村、友江村、及び不破郡青柳村と若森村[3]が合併し、南杭瀬村となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 南杭瀬村の一部(旧・友江村)が分離し、多芸島村、上笠村などと合併。多芸島村となる。
  • 1934年昭和9年)12月5日 - 大垣市へ編入される。

交通編集

学校編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1889年に合併で大垣町の一部となる。
  2. ^ 宇北裏、村東は大垣町の合併に参加
  3. ^ 若森村のうち、宇石田、勝沼分、町浦、北田分、堤外の一部、井川上河原畑の一部は大垣町の合併に参加。

関連項目編集