南江 久子(みなみえ ひさこ、嘉元2年(1304年) - 正平19年6月10日(1364年7月17日))は、南北朝時代の女性。南江備前守正忠の妹。楠木正成の妻、楠木正行正時正儀の母。

楠木 久子(くすのき ひさこ)とも称される。

登場作品編集

小説
テレビドラマ

出典編集

外部リンク編集