太田亮

日本の歴史学者

太田 亮(おおた あきら、1884年7月1日[1] - 1956年5月27日[2])は、日本の歴史学者氏族制度の研究で知られる。

太田 亮
人物情報
生誕 (1884-07-01) 1884年7月1日(136歳)
大阪府吉野郡下市村(現・奈良県吉野郡下市町
死没 (1956-05-07) 1956年5月7日(71歳没)
東京都
心臓動脈硬化症
国籍 日本
出身校 神宮皇學館(現・皇學館大学
学問
研究分野 歴史学(日本古代史)
学位 法学博士
主な業績 氏族制度の研究
主要な作品 『姓氏家系大辞典』
テンプレートを表示

略歴編集

大阪府吉野郡下市村(現・奈良県吉野郡下市町)に生まれる[1]。京都法政大学予科(現・立命館大学)を経て[1]1910年神宮皇學館(現・皇學館大学)を卒業[3]。山梨県立高等女学校教諭、内務省考証官補、同嘱託などを経て、1934年から西園寺家の「管見記」の編纂にたずさわる[4]。同年、立命館大学講師[1]1941年に同教授となる。文学部長を兼ねた[5]1945年11月7日、「日本上代ニ於ケル社会組織ノ研究」で法学博士号取得。1949年、近畿大学教授[5]。1955年、専修大学教授[5]。講義の帰途に突然路傍で倒れ[6]、午前4時30分、心臓動脈硬化症のため死去[5]

主著に『姓氏家系大辞典』。また『摂津』、『家系系図の合理的研究法』など多数の著書がある。

著書編集

  • 『日本古代氏族制度』磯部甲陽堂 1917
  • 『姓氏家系辞書』磯部甲陽堂 1920
  • 『日本文化史 第3巻 平安朝初期』大鐙閣 1922
  • 『系図綱要』磯部甲陽堂 1923 新人物往来社、1977
  • 『新講日本通史』文献書院 最新教科講座大系 1923
  • 『日本国誌資料叢書』磯部甲陽堂
越後・佐渡 1924
信濃 1924
和泉 1925
近江 1925
河内 1925
摂津 1925
丹波・丹後 1925
武蔵 1925
尾張 1926
甲斐 1926
三河 1926
遠江 1927
  • 諏訪神社誌 第1巻』官幣大社諏訪神社附属諏訪明神講社 1926
  • 『日本史精義』文献書院 1926
  • 『漢・韓史籍に顕はれたる日韓古代史資料』編 磯部甲陽堂 1928 国書刊行会、1972
  • 『日本古代史新研究』磯部甲陽堂 1928
  • 『日本上代に於ける社会組織の研究』磯部甲陽堂 1929
  • 『家系系図の合理的研究法』立命館大学出版部 1930
  • 『国史講座 第3巻 神道史』受験講座刊行会 1930
  • 『姓氏家系大辞典』全3巻 姓氏家系大辞典刊行会 1934-36 のち角川書店
  • 新撰姓氏録と上代氏族史』内閣印刷局 日本精神叢書 1940
  • 『姓氏と家系』創元社 1941
  • 堂上家系譜大成』創元社 1941
  • 『日本新文化史 第3巻 平安朝初期』内外書籍 1941
  • 高良山史』神道史学会 1962
  • 『家系系図の入門』人物往来社 1967
    • 『家系系図の入門 増補』丹羽基二編 東洋書院 1995
  • 『姓氏家系辞書』人物往来社 1968
  • 『新編姓氏家系辞書 3版』丹羽基二編 秋田書店 1979
共著
  • 『綜合国史概説』阿部真琴共著 立命館出版部 1937

脚注編集

  1. ^ a b c d 日本歴史学会 1999
  2. ^ 「太田亮氏の逝去(学界動向)」『日本歴史』第97号、吉川弘文館、1956年、p.56
  3. ^ 神宮皇學館一覧 従大正5年4月至大正6年3月』 神宮皇學館、1917年3月、147頁。 
  4. ^ 上田正昭編『コンサイス人名事典: 日本編』(三省堂、1976年)208ページ
  5. ^ a b c d 『出版年鑑』(出版ニュース社、1957年)86ページ
  6. ^ 丹羽基二『日本人の苗字―30万姓の調査から見えたこと』(光文社新書、2002年)所収「太田亮の奇妙な生涯」

参考文献編集

  • 『日本史人物辞典』日本史広辞典編集委員会編、山川出版社
  • 日本歴史学会編 『日本史研究者辞典』 吉川弘文館、1999年、66-67頁。 
  • 上田正昭編『コンサイス人名事典: 日本編』(三省堂、1976年)、p. 208.
  • 「太田亮氏の逝去(学界動向)」『日本歴史』第97号、吉川弘文館、1956年、p.56.
  • 長谷川澄夫中川小十郎の先考顕彰と太田亮」『立命館 史資料センター紀要』第2号、学校法人立命館 史資料センター、2019年3月、 107-137頁、 NAID 120006594241