メインメニューを開く

南 直人(みなみ なおと、1957年 - )は、ドイツ史学者、京都橘大学教授。

兵庫県生まれ[1]。1981年京都大学文学部卒業。1985年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程中退。1985年大阪大学文学部助手、1989年帝国女子大学講師、1992年大阪国際女子大学(校名変更)助教授、2002年大阪国際大学教授、2005年京都橘大学文学部教授[2]。食文化を研究している。

著書編集

  • 『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社選書メチエ 1998
  • 『世界の食文化 ドイツ』農山漁村文化協会 2003
  • 『〈食〉から読み解くドイツ近代史』ミネルヴァ書房 MINERVA歴史・文化ライブラリー 2015

共編編集

翻訳編集

論文編集

編集

  1. ^ 『〈食〉から読み解くドイツ近代史』著者紹介
  2. ^ J-GLOBAL