印田駅(いんでんえき)は、かつて愛知県一宮市印田(現・浅野大曲り)にあった名古屋鉄道一宮線廃駅)である。

印田駅
いんでん
INDEN
浅野 (1.5km)
(0.5km) 花岡町
所在地 愛知県一宮市印田
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 一宮線
キロ程 6.0km(岩倉起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1930年昭和5年)1月25日
廃止年月日 1965年昭和40年)4月25日
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

  • かつては相対式2面2線だったが単線化後に復活した駅は1面1線となっていた。

配線図編集

印田駅 構内配線略図

岩倉方面
 
東一宮方面
凡例
出典:[1]
破線および薄色のホームは複線時代の構造


現況編集

その他編集

西印田駅編集

西印田駅(にしいんでんえき)は一宮線開業時の暫定の終着駅である。東一宮駅への延長により、東一宮駅の開業日に廃止された。存在した期間はわずか半年未満であった。東一宮駅より岩倉駅へ0.6km付近に存在した。

  • 1912年(大正元年)8月6日 - 開業
  • 1913年(大正2年)1月25日 - 廃止

隣の駅編集

名古屋鉄道
一宮線
浅野駅 - 印田駅 - 西印田駅 - 花岡町駅

脚注編集

  1. ^ 神田功 「一宮線の廃線跡を辿る」、『鉄道ピクトリアル No.624 1996年7月増刊号』、p.170、電気車研究会、1996年

関連項目編集