メインメニューを開く

浅野駅 (愛知県)

日本の愛知県一宮市にあった名古屋鉄道の駅(廃駅)

浅野駅(あさのえき)は、かつて愛知県一宮市浅野にあった名古屋鉄道一宮線廃駅)である。

浅野駅
浅野長勲が旧浅野邸を訪問した時の浅野駅 (1915年6月)
浅野長勲が旧浅野邸を訪問した時の浅野駅
(1915年6月)
あさの
ASANO
羽根 (1.1km)
(1.5km) 印田
所在地 愛知県一宮市浅野
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 一宮線
キロ程 4.5km(岩倉起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1912年大正元年)8月6日
廃止年月日 1965年昭和40年)4月25日
備考 有人駅
テンプレートを表示

近くには浅野長政旧邸跡(現浅野公園)がある。

目次

歴史編集

大正時代、元広島藩藩主浅野長勲が先祖である浅野長政旧邸跡を訪れる際、数回にわたり押切町駅より最寄駅である当駅まで使用したという。その際には貴賓車トク1・トク2号が使用された。

駅構造編集

  • 島式ホーム、1面2線の地平駅で、廃止直前まで有人駅であった。駅舎も存在していた。

配線図編集

浅野駅 構内配線略図

岩倉方面
 
東一宮方面
凡例
出典:[1]
破線は複線時代の構造


現況編集

  • 名古屋鉄道一宮線の跡は、愛知県道149号浅野羽根岩倉線になっている。
  • 浅野公園の南、約300m付近が駅の跡である。駅舎跡地はJA愛知西浅野支店になっている。

隣の駅編集

名古屋鉄道
一宮線
羽根駅 - 浅野駅 - 印田駅

脚注編集

  1. ^ 神田功 「一宮線の廃線跡を辿る」、『鉄道ピクトリアル No.624 1996年7月増刊号』、p.170、電気車研究会、1996年

関連項目編集