メインメニューを開く

原信一朗

原 信一朗(はら しんいちろう、1979年8月10日 - )は東京都出身のプロ野球審判員

目次

来歴・人物編集

昭和第一高から、札幌学院大学人文学部人間科学科に進学。同大学硬式野球部に所属する。卒業後は仕事のかたわら、少年野球の指導や高校野球の審判をして2003年にセ・リーグ初の審判養成課程に合格し、2005年に入局。[1]審判員袖番号は32。2012年からの公式戦での球審構えをシザーススタンスに変更した。

2014年にはオールスター初出場を果たし、第2戦(7月19日、阪神甲子園球場)で球審を務めた[2]

2016年から再び球審での構えをボックススタンスに戻した。

球審時のマスクはヘルメット型のマスクを着用している。

審判出場記録編集

  • 初出場:2009年8月14日、横浜対広島5回戦(横浜スタジアム)、三塁塁審
  • 出場試合数:433試合
  • オールスター出場:1回(2014年
  • 日本シリーズ出場:なし

(記録は2017年シーズン終了時)

脚注編集

外部リンク編集