メインメニューを開く

設置学科編集

  • 普通科
    • 特進コース 難関大学を目標
    • 進学コース 中堅大学を目標

所在地編集

東京都文京区本郷1-2-1

アクセス編集

沿革編集

  • 1929年 昭和第一商業学校として開校
  • 1946年 昭和第一実業学校(立川市)と法人合併し財団法人昭和第一産業学園となった。
  • 1948年 昭和第一高等学校となる
  • 1951年 学校法人昭和第一学園の認可
  • 1980年 学校法人昭和第一学園より分離し、学校法人昭和一高学園に改称。
  • 2005年 男女共学となる

教育目標編集

明るく 強く 正しく

出身者編集

提携校編集

  • 私立ブエナビスタ大学 (アメリカ合衆国アイオワ州)

その他の特徴編集

 
昭和第一高等学校別館
かつては研数学館の校舎だったのを昭和一高学園が買収、校舎とした

主に若い世代(同年代)を中心として服飾センス(主に髪形・アクセサリ・制服の着こなし)は、中高生向けの雑誌の人気投票では常に上位をキープしている。この人気が最も過熱したのが男子高時代の1990年代後半で、同校のロゴ「SDH」が入ったバッグが他校の女子生徒らに高値で転売される事例が多発し、SOHというロゴの入った偽物まで出回った。また、生徒がバッグ狩りに遭うという事件が頻発し、学園祭が中止寸前まで追い込まれたこともある。これらの事態を重く見た学校側は、1997年からバッグの購入の際のチェックを厳しくし、原則的に追加購入(ストック)を禁止する措置を講じた。これによって更に値段が高騰したものの、現在ではこのような過熱ブームも高騰もなく、人気もだいぶ落ち着いてきている。 しかし共学化してからは徐々に人気が上がり、説明会では毎回ほぼ満員である。

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集