原 正憲(はら まさのり)は日本のゲームクリエイター

略歴編集

セガを経て(社員として在籍していたかは不明)、クエストでグラフィッカーとして活躍。伝説のオウガバトルなどを手がける。

その後スタッフ数名でジークラフトへ移籍、FRONT MISSIONに携わる。

同社がスクウェアに吸収された後はメインシリーズの開発ラインとは別に(当時)第7開発事業部を任され、独自の作家性を打ち出したFRONT MISSION ALTERNATIVEを生み出す。ユーザーは各マップ開始前に移動経路を設定し、その後はモーションを観察する荒削りだが斬新なゲームデザインは、後のリアルタイム・シミュレーションの先駆けと評価される。

作品編集

関連項目編集