厳 顔(げん がん、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代の武将。益州巴郡臨江県の人[1]

厳顔
清代の書物に描かれた厳顔
代の書物に描かれた厳顔
出生
益州巴郡臨江県
拼音 Yán Yán
主君 劉焉劉璋劉備
テンプレートを表示

経歴編集

劉焉、次いで劉璋に仕え、巴郡太守だった趙筰の部将であった。211年劉備が劉璋の招きで入蜀すると、「一人で奥山に座し、猛虎を放って我が身を守るようなものだ」と嘆息したという。

翌年、劉備が益州を奪い取ろうと攻めて来た時にも巴郡を守っていたが、劉備軍の張飛の攻撃に遭って捕らえられた。捕虜になったのだから自分に跪けと言う張飛に対し、「お前達は無礼にも、我が州を侵略した。我が州に断頭将軍 (首を刎ねられる将軍)はいても、降伏する将軍はいない。早く首を斬れ」と堂々と言い放った。張飛は腹を立てたが、厳顔はさらに「匹夫め、さっさと斬れ。怒るだけ無駄だ」と言い放った。この事で張飛は感嘆し、厳顔の縄を自ら解き、厚く持て成したといわれている。このため厳顔も降伏し、以後は劉備の家臣となった。

正史において厳顔の記述は少なく、生没年も不詳で、『三国志演義』で描かれるような老将という表現も無い。ただ、張飛に言い放った言葉だけは明確に記述されている。この言葉が厳顔の存在を際立たせていると言える。

『三国志演義』など編集

小説『三国志演義』で厳顔は老将の設定だが、正史で老将なのは張任である。張飛に降伏した後、自ら他の守将に降伏勧告を行なっている。その後は黄忠と共に老将コンビを結成して漢中攻略の際には大いに活躍している。

南宋末期の宰相文天祥が作った正気の歌」にも、蘇武張巡ら歴代の忠臣義士と並んで厳顔が登場する。生没年も不明で、最終的には帰順した人物が張良諸葛亮・蘇武といった顔触れとともに登場するのも、ひとえに張飛に言い放った言葉の強い印象故と言えよう。

重慶市忠県で三国時代の墓が発見された際、地元の言い伝えを根拠に厳顔の墓であると主張された事があった[2]

注釈編集

  1. ^ 華陽国志
  2. ^ [1]