及川馥

日本のフランス文学者

及川 馥(おいかわ かおる、1932年10月10日[1] - )は、日本のフランス文学者茨城大学名誉教授。専門はフランス文学(近代詩、文芸批評)。

宮城県生まれ。宮城県古川高等学校卒業。1961年東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。弘前大学茨城大学を経て、愛国学園大学教授。日本フランス語フランス文学会会員、H.Boco研究会会員。みずからも書く。トドロフセールバシュラールなどフランス思想書の数々の翻訳でも知られる。

著書編集

  • 『原初からの問い バシュラール論考』2006年
  • 『夕映え』(詩集)2005年
  • 『鳥?その他』(詩集)2004年
  • 『テラスにて』(詩集)2003年
  • 『バシュラールの詩学』1989年

訳書編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.304

外部リンク編集