メインメニューを開く

友綱(ともづな)は、日本相撲協会年寄名跡の一つである。当記事では現襲名者(元関脇・旭天鵬勝、2017年6月現在)を11代目としているが、友綱部屋は公式サイトにおいて、当記事では2代目と3代目としている人物の間にもう1人襲名者がいて、現襲名者は12代目であるとしている(ただし、2代目と3代目の間に入る人物は、2代目と同一人物とする説があることも、公式サイトには併記されている)[1]

友綱の代々編集

代目の太字は、部屋持ち親方。

代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 友綱良助 関脇 玉垣部屋 1781年10月-1788年7月(死去)
2代 水野馬之助 --- ---
3代 友綱良助 前1 竹縄(大阪)-玉垣部屋 1851年11月-1855~6年頃?(廃業)
4代 荒木野音平 --- ---
5代 友綱良助 前1 玉垣-梅ヶ谷-雷部屋 ?-1887年5月(死去) 現役中
6代 海山太郎 前1 猪名川(大阪)-玉垣-大嶽-根岸-友綱部屋 1887年12月-1921年5月(廃業) 二枚鑑札
7代 矢筈山登 小結 友綱部屋 1921年5月-1961年1月(停年(定年。以下同)退職) 二枚鑑札
8代 巴潟誠一 小結 高嶋-友綱部屋 1961年1月-1976年3月(停年退職)
9代 一錦周之助 十7 高嶋部屋 1976年3月-1989年5月(停年退職)
10代 魁輝薫秀 関脇 友綱部屋 1989年5月-2017年6月 5代大島へ名跡変更
11代 旭天鵬勝 関脇 大島-友綱部屋 2017年6月-

四股名としての友綱編集

  • 現役力士として「友綱」を名乗った例が3例ある。それぞれ年寄としては初代・3代・5代にあたる。なお、現在は年寄名跡と同名になる四股名を名乗ることができない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 友綱部屋の歴史ご紹介”. 友綱部屋オフィシャルウェブサイト. 友綱部屋. 2017年11月10日閲覧。

関連項目編集