双林寺(そうりんじ)は、宮城県栗原市築館にある曹洞宗の寺院。山号は医王山。本尊は薬師如来

双林寺そうりんじ

Sorinji rurikoden, Kurihara.jpg
瑠璃光殿(2019年3月)

所在地 宮城県栗原市築館薬師台1-1-1
位置 北緯38度43分50.1秒 東経141度1分4.8秒 / 北緯38.730583度 東経141.018000度 / 38.730583; 141.018000座標: 北緯38度43分50.1秒 東経141度1分4.8秒 / 北緯38.730583度 東経141.018000度 / 38.730583; 141.018000
山号 医王山
宗旨 曹洞宗
別称 杉薬師
文化財 木造薬師如来坐像、木造二天立像(重要文化財)
木造地蔵菩薩立像、銅造阿弥陀如来立像(県文化財)ほか
法人番号 1370205001615 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

この寺は、760年天平宝字4年)医王山興福寺という天台宗寺院として創建されたという。その後衰退し、1591年天正19年)に再興されたという。境内に薬師如来を祀る瑠璃光殿(江戸時代の建築)があり「杉薬師」とも称される。

文化財編集

重要文化財編集

  • 木造薬師如来坐像
  • 木造二天立像

県指定文化財編集

  • 木造地蔵菩薩立像
  • 銅造阿弥陀如来立像

県指定天然記念物編集

  • 姥杉

市指定文化財編集

  • 瑠璃光殿

外部リンク編集