メインメニューを開く

古代イタリア地域諸言語とは、紀元前1000年〜500年頃(鉄器時代)のイタリア半島で使われた諸部族の言語を指す。

各々はイタリック語派、非イタリック語派、非インド・ヨーロッパ語族に属すると考えられている。古イタリア文字が使われることが多かった。

そのうち、イタリック語派のラテン・ファリスク語群に属するラテン語ローマ帝国の拡大に従いイタリア全土から地中海世界の西半分全体へにも広がり、それに伴い他の古代言語は死語になった

紀元前6世紀のイタリアの言語分布

目次

イタリック語派編集

オスク・ウンブリア語群 (Osco-Umbrian)
  • ウンブリア語 (Umbrian)
  • オスク語 (Oscan)
  • サベリア語群 (Sabellian)
    • ウェスティニ方言 (Vestinian)
    • ウォルスク方言 (Volscian)
    • エクウ方言 (Aequian)
    • サビン方言 (Sabinian)
    • 南ピケネ語 (South Picene)
    • パエリグニ方言 (Paelignian)
    • プレストン方言 (Prestonian)
    • マルキニ方言 (Marrucinian)
    • マルス方言 (Marsian)
    • Pre-Samnite
    • Hernican
ラテン・ファリスク語群 (Latino-Faliscan)

イタリック語派に近いとも考えられる言語編集

イタリック語派に近いといわれるが、ゲルマン語派などとの類似点もあり、別の語派とする考えもある。

非イタリック語派編集

非インド・ヨーロッパ語族編集

先印欧語

無文字部族編集

関連項目編集