この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(追加面)が含まれています詳細

古イタリア文字(こイタリアもじ)とはエトルリア文字などの古代イタリア地域諸言語の文字の総称。西方ギリシャ文字から派生した。ルーン文字の成立にも影響を与えた。

古イタリア文字
類型: アルファベット
言語: 古代イタリア地域諸言語
時期: 紀元前8世紀 - 紀元前1世紀
親の文字体系:
子の文字体系: ルーン文字
Unicode範囲: U+10300-U+1032F
ISO 15924 コード: Ital
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

概要編集

主な古イタリア文字としては、以下の文字を挙げることができる。

アルファベットと転写編集

アルファベット[1]とその転写(音価)

初期のエトルリア文字編集

𐌀 𐌁 𐌂 𐌃 𐌄 𐌅 𐌆 𐌇 𐌈 𐌉 𐌊 𐌋 𐌌 𐌍 𐌎 𐌏 𐌐 𐌑 𐌒 𐌓 𐌔 𐌕 𐌖 𐌗 𐌘 𐌙 (𐌚)
A B G D E V Z H Θ I K L M N Ξ O P Ś Q R S T U X Φ Ψ (F)

初期古ラテン語ラテン文字編集

𐌀 𐌁 𐌂 𐌃 𐌄 𐌅 𐌆 𐌇 𐌉 𐌊 𐌋 𐌌 𐌍 𐌏 𐌐 𐌒 𐌓 𐌔 𐌕 𐌖 𐌗
A B C D E F Z H I K L M N O P Q R S T U X

Unicode編集

Unicodeバージョン3.1(2001年)で古イタリア文字のブロックが追加多言語面のU+10300 - U+1032Fに追加された[2]。字体はマルシリアーナ英語版で発見された紀元前7世紀のアルファベット表、およびその他のいくつかのアルファベット表をもとにしている[3]。その後、2017年のバージョン10.0で3文字が追加された[4]エトルリア語ファリスク語オスク語ウンブリア語、北ピケヌム語、南ピケーノ語ウェネティ語ラエティア語レポント語ガリア語古代リグリア語を適用範囲とする[5]

U+ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
10300 𐌀 𐌁 𐌂 𐌃 𐌄 𐌅 𐌆 𐌇 𐌈 𐌉 𐌊 𐌋 𐌌 𐌍 𐌎 𐌏
10310 𐌐 𐌑 𐌒 𐌓 𐌔 𐌕 𐌖 𐌗 𐌘 𐌙 𐌚 𐌛 𐌜 𐌝 𐌞 𐌟
10320 𐌠 𐌡 𐌢 𐌣 𐌭 𐌮 𐌯

対応する西方ギリシャ文字編集

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
                               
                   

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 𐌂 は Γガンマ)の異体形。𐌖 は Υウプシロン)の異体形。
  2. ^ Unicode Standard Annex #27 Unicode 3.1, Unicode, Inc, (2001-05-16), https://www.unicode.org/reports/tr27/tr27-4.html 
  3. ^ Michael Everson (2000-04-21), L2/00-140 Old Italic, Unicode, Inc, https://www.unicode.org/L2/L2000/00140-old-italic.pdf 
  4. ^ Unicode® 10.0 Versioned Charts Index, Unicode, Inc, (2017-06-20), http://www.unicode.org/charts/PDF/Unicode-10.0/ 
  5. ^ Christopher C. Little (2011-05-17), N4046 Proposal to Encode Additional Old Italic Characters, Unicode, Inc, http://www.unicode.org/L2/L2011/11146r-old-italic.pdf 
  6. ^ NotoSansOldItalicは広く用いられているが、現行バージョンではDとR(𐌃と𐌓)が逆配置となっているので注意が必要。