メインメニューを開く
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(追加面)が含まれています詳細

古イタリア文字(こイタリアもじ)とはエトルリア文字などの古代イタリア地域諸言語の文字の総称。西方ギリシャ文字から派生した。ルーン文字の成立にも影響を与えた。

古イタリア文字
類型: アルファベット
言語: 古代イタリア地域諸言語
時期: 紀元前8世紀 - 紀元前1世紀
親の文字体系:
子の文字体系: ルーン文字
Unicode範囲: U+10300-U+1032F
ISO 15924 コード: Ital
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

目次

概要編集

主な古イタリア文字としては、以下の文字を挙げることができる。

アルファベットと転写編集

アルファベット[1]とその転写(音価)

初期のエトルリア文字編集

𐌀 𐌁 𐌂 𐌃 𐌄 𐌅 𐌆 𐌇 𐌈 𐌉 𐌊 𐌋 𐌌 𐌍 𐌎 𐌏 𐌐 𐌑 𐌒 𐌓 𐌔 𐌕 𐌖 𐌗 𐌘 𐌙 (𐌚)
A B G D E V Z H Θ I K L M N Ξ O P Ś Q R S T U X Φ Ψ (F)

初期古ラテン語ラテン文字編集

𐌀 𐌁 𐌂 𐌃 𐌄 𐌅 𐌆 𐌇 𐌉 𐌊 𐌋 𐌌 𐌍 𐌏 𐌐 𐌒 𐌓 𐌔 𐌕 𐌖 𐌗
A B C D E F Z H I K L M N O P Q R S T U X

Unicode編集

Unicode では、以下の領域に次の文字が収録されている。

U+ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
10300 𐌀 𐌁 𐌂 𐌃 𐌄 𐌅 𐌆 𐌇 𐌈 𐌉 𐌊 𐌋 𐌌 𐌍 𐌎 𐌏
10310 𐌐 𐌑 𐌒 𐌓 𐌔 𐌕 𐌖 𐌗 𐌘 𐌙 𐌚 𐌛 𐌜 𐌝 𐌞 𐌟
10320 𐌠 𐌡 𐌢 𐌣 𐌭 𐌮 𐌯

対応する西方ギリシャ文字編集

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
                               
                   

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 𐌂 は Γガンマ)の異体形。𐌖 は Υウプシロン)の異体形。
  2. ^ NotoSansOldItalicは広く用いられているが、現行バージョンではDとR(𐌃と𐌓)が逆配置となっているので注意が必要。