古島和雄

古島 和雄(ふるしま かずお、1921年10月11日 - 2004年4月26日[1])は、日本歴史学者。専門は中国史東京大学名誉教授大東文化大学名誉教授。

目次

生涯編集

長野県飯田市生まれ。1942年、旧制飯田中学卒業。1943年、旧制浦和高等学校(現埼玉大学)卒業。東京帝国大学文学部入学。)徴兵により兵役に就く45年、復員。1948年、東京帝国大学文学部卒業。1949年、東京大学大学院(旧制)退学。同東洋文化研究所助手。1954年、同社会科学研究所助教授。1967年、同社会科学研究所教授。1982年、東京大学停年退官。同名誉教授。大東文化大学文学部教授。1985年、同東洋研究所所長。1993年、大東文化大学退職。同名誉教授。

門下生には、木間正道(中国法制史学者、明治大学名誉教授)らがいた。親族に、古島敏雄がいる。

主要著書編集

  • 山本秀夫・野間清編『中国農村革命の展開』(分担執筆、アジア経済研究所、1972年)
  • 東京大学社会科学研究所編『現代社会主義:その多元的諸相』(分担執筆、東京大学出版会、1977年)
  • 『中国近代社会史研究』(研文出版、1982年)

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、960頁。

参考編集

  • 『社会科学研究 第33巻第4号』(東京大学社会科学研究所、1981年11月14日刊行)