古島敏雄

古島 敏雄(ふるしま としお、1912年4月14日 - 1995年8月29日)は日本の歴史学者。専門は日本経済史農業史東京大学名誉教授農学博士

目次

生涯編集

長野県下伊那郡飯田町(現飯田市)生まれ。飯田中学校第八高等学校を経て、東京帝国大学農学部農業経済学科を卒業。1938年、東京帝国大学農学部講師1948年東京大学農学部助教授1949年、 東京大学 農学博士 論文は「元禄時代に於ける農学の発達とその地盤」[1]1959年より東京大学農学部教授となり、翌年には一橋大学経済学部教授に併任される。定年退官後、1973年から10年間、専修大学教授となる。

実証的な農業史研究を推進するとともに、多くの共同研究を組織し、後進の育成に当たった。

1995年火災によって夫人とともに焼死した。焼け残った蔵書約550冊(主に近世歴史図書・農産業関連の図書)は、郷里の飯田市立図書館へ寄贈されている。

門下に西田美昭(東京大学名誉教授)。

著書編集

  • 『古島敏雄著作集』全10巻(東京大学出版会)
    • 第1巻「徭役労働制の崩壊過程」(原著は1938年)
    • 第2巻「日本封建農業史 家族形態と農業の発達」
    • 第3巻「近世日本農業の構造」(原著は1943年)
    • 第4巻「信州中馬の研究」(原著は1944年)
    • 第5巻「日本農学史」
    • 第6巻「日本農業技術史」(原著は1947・49年)
    • 第7巻「共同体の研究」
    • 第8巻「地主制史研究」
    • 第9巻「近代農学史研究」
    • 第10巻「地方史研究法」
  • 『日本農業史』(岩波書店[岩波全書]、1952年)
  • 『土地に刻まれた歴史』(岩波書店[岩波新書]、1967年)
  • 『子供たちの大正時代』(平凡社、1982年。平凡社ライブラリー、1997年)
  • 『台所用具の近代史―生産から消費生活をみる 生活と技術の日本近代史』(有斐閣、1996年)
  • 『社会を見る眼・歴史を見る眼』(農山漁村文化協会、2000年)

参考編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース