メインメニューを開く

古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群

古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群(こちちぶわんたいせきそうおよびかいせいほにゅうるいかせきぐん)は、埼玉県秩父地方にある国指定の天然記念物

2016年3月に指定された。

目次

概要編集

秩父地方の地下には約1,700万年前に誕生して約1,500万年前に消滅した古秩父湾の地層が堆積しており、地質学の観察場所として知られていた。2016年3月1日付けで、秩父地方に存在するこの年代の地層を観察できる露頭6か所と海棲哺乳類の化石9点とが「古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群」の名称で国の天然記念物に指定された[1]。複数の露頭と化石群がセットで天然記念物に指定されたのは日本で初めてである[2]。また、埼玉県における国の天然記念物指定は、1968年(昭和43年)の「平林寺境内林」(新座市)以来、48年ぶりであった。化石の一部は埼玉県立自然の博物館で展示されている。

指定物件編集

脚注編集

  1. ^ 2015年(平成27年)11月20日開催の文化審議会文化財分科会の議決を経て文部科学省に指定が答申され、平成26年3月1日文部科学省告示第29号をもって指定された。
  2. ^ 全国初の複合指定 古秩父湾の盛衰を物語る地層と化石群、国天然記念物指定へ - 埼玉県、2015年11月20日、2015年11月29日閲覧。

関連項目編集