メインメニューを開く

古賀 善次(こが ぜんじ、1893年明治26年)4月19日 - 1978年昭和53年)3月5日)は、日本実業家。古賀商店社長。尖閣諸島所有者。

経歴編集

福岡県人・古賀辰四郎の長男[1]1918年家督を相続した[1]

海産物輸移出商としてほとんど全県下に取引網を有した[1]。時世の進運に伴い、組織を株式会社に変更し、自ら其社長となり、家業堅実に益々隆盛の一途を辿った[1]。なお業務の傍ら那覇無尽監査役であった[1]。その他那覇市水産会代議員、同評議員、那覇鰹節商同業組合、財団法人沖縄奨学会、沖縄県体育協会、那覇市体育協会等の各評議員として多方面に重きをなした[1]

1972年南小島北小島栗原國起に譲渡[2]1978年3月、死去[3]。古賀善次とその妻花子の墓は、埼玉県大宮の曹洞宗大成山普門院栗原家代々の墓所にある[3]

人物編集

資性温恭であり実直、しかも明朗闊達な反面があり、スポーツに趣味を有した[1]。古賀善次について栗原弘行によれば「生活ぶりはかなり質素だったと聞いている。家は雨露さえしのげれば良いという人だった。石垣島地主で金持ちのはずだが、ほとんどのお金を八重山のスポーツ振興に充てていた。」という[3]

家族・親族編集

古賀家

福岡県八女市、沖縄県那覇市

父・古賀辰四郎は1856年、福岡県上妻郡山内村に生まれた。八女地方はお茶の産地として知られ古賀家も茶栽培を主とする農家だった。古賀家の三男だった辰四郎は、1879年沖縄に茶の販売にきた。商売は順調に伸び、以後辰四郎は那覇に居を構えることになった。
  • 父・辰四郎(実業家、尖閣諸島の開拓者)
1856年 - 1918年
  • 妻・花子[1]
1898年 - 1988年
1978年魚釣島を栗原國起に譲渡[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『沖縄県人事録』143頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年3月20日閲覧。
  2. ^ a b 『尖閣諸島売ります』16-17頁。
  3. ^ a b c 『尖閣諸島売ります』26-48頁。

参考文献編集

  • 沖縄朝日新聞社編『沖縄県人事録』沖縄朝日新聞社、1937年。
  • 栗原弘行『尖閣諸島売ります』廣済堂出版、2012年。