キリスト教における死

召天から転送)

本項ではキリスト教の各教派における」の呼び方と死生観を記す。

帰天編集

帰天(きてん)は、ローマ・カトリック教会の用語で、信者がに帰る(死亡する)ことを言う[1]

カトリック教会では聖母マリアについては特別に被昇天と呼んでいる。

召天編集

召天(しょうてん)は、キリスト教、特にプロテスタントの用語で、信者が死んでに召されることを言う。

改革派以降のプロテスタントは死者のために祈ることはない[2]ウェストミンスター信仰基準は、死者のために祈ってはならないとしている。但し正教会カトリック教会聖公会とは違う意味合いではあるものの、通夜葬儀・召天者記念礼拝等を行う教会は多い。これらは、死者の救済を生者が執り成して嘆願する行為ではなく、単に記念するためのものである。

なお、特に非信者は「召天」を誤って「昇天」と表記することが多いが、キリスト教用語の「昇天」はイエス・キリストに対してのみ使用される(キリストの昇天)。この誤りはパソコンのIMEで「しょうてん」を変換した場合、IMEによっては「召天」という語が変換候補に出てこないという理由にもよる。

漢語の文法としては「召天」は「天に召される」と読めず「天を召す」としか読めないため、「召天」の語をふさわしくないと考える者もいる[3][4]

改革派教会は『キリスト教綱要』第3編6-10を「デ・ヴィタ・クリスティアナ」「キリスト者の生活のため」として抜き出してきた[5]。この本を翻訳した有馬七郎は、解説で「逝去」の語は国籍にあると信じるキリスト者にはふさわしくなく、「召天」の語がふさわしいとしている[6]

逝去編集

逝去(せいきょ)は、聖公会で人の死を指す正式な用語である[7]

仏教年忌法要に相当する式は、逝去者記念式と呼ぶ[8]

死者のための祈り(聖餐を伴う場合はレクイエムと呼ぶ[8])を行う点が、他のプロテスタント諸派とは異なる。

永眠編集

永眠(えいみん)は、正教会で人の死を指す正式な用語である[9][10]

生神女マリヤについては就寝という語を用いる。

教派別用語集編集

- 東方教会 西方教会 英語
正教会 カトリック教会 聖公会 プロテスタント
永眠 帰天 逝去 召天
キリストの昇天とは漢字が違う)
-
葬儀前晩の祈り・礼拝 パニヒダ
通夜[11]
通夜 通夜の祈り[12] 前夜式[13]
通夜
wake[注 1]
葬儀 埋葬式 葬儀
レクイエム[注 2]
(基本的に葬儀ミサとして行われる)
葬送式[14]
レクイエム[注 3]
葬式[13]
葬儀
Funeral
死者のための祈り[注 4] パニヒダ
リティヤ
レクイエム 逝去者記念式
レクイエム
召天者記念礼拝[15]
召天記念式[16]
Requiem, Memorial service, Death anniversary

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 正教会における葬儀前夜の祈りはパニヒダとして伝統的な形態であり、英語ともpanikhída (Memorial service)で対応するが、その他の教派の外国語との対応関係については記事作成時点では詳細不明。
  2. ^ レクイエム・ミサではない典礼を以て代えることがあり、この際の葬儀はレクイエムとは呼ばれない。
  3. ^ レクイエム・マス(聖餐式)ではない礼拝を以て代えることがあり、この際の葬儀はレクイエムとは呼ばれない。
  4. ^ パニヒダレクイエムとでは内容が全く異なる。

出典編集

参考文献編集

関連項目編集