メインメニューを開く

可児島俊雄(かにしま としお、1930年6月8日- )は、日本の経営学者、名古屋大学名誉教授。

愛知県出身。1953年名古屋大学経済学部卒業。同大学院、神戸大学大学院に学び、66年「経営監査論」で名大経済学博士滋賀大学経済学部助手、講師、助教授、名古屋大学経済学部助教授、教授[1]。94年定年退官、名誉教授、名古屋学院大学大学院経済経営研究科長教授、特任教授。2002年退職[2]。日本会計研究学会太田賞受賞。監査が専門。 大蔵省公認会計士試験委員、文部省大学入試センター試験簿記会計部会委員長などを歴任し、日本監査研究学会理事、日本会計研究学会会員、日本商工会議所簿記検定試験専門委員、名古屋商工会議所簿記検定試験審査委員長、愛知県公害審査会委員、2010年瑞宝中綬章を叙勲受賞。

目次

著書編集

  • 『経営監査論 内部監査の機能的展開としての経営監査研究』同文館出版 1970
  • 『現代監査制度論』同文館出版 1976
  • 『管理会計としての月次損益計算研究』実教出版 1982
  • 『監査通論 会計士監査論の構造』実教出版 1985
  • 『公認会計士2次試験実戦テスト 監査論』税務経理協会 1987
  • 『現代企業の監査 監査環境と新潮流』中央経済社 1990
  • 『システム監査の基礎知識』東京経済情報出版 1992

共編著編集

  • 『経営監査論』古川栄一共著 丸善 経営学全書 1974
  • 『経営業務監査』友杉芳正,津田秀雄共著 同文館出版 1988
  • 『会計情報の監査 会計情報の信頼性と外部調査』編著 中央経済社 1990
  • 『簿記入門』榊原正幸共著 税務経理協会 1995

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 可児島俊雄教授 略年譜・主要業績目録 (可児島俊雄教授 退職記念号)名古屋学院大学論集 社会科学篇 2002